【うちは】イタチ、フガク【日向】ヒアシ、ハナビ



次の漫画『NARUTO』の
登場人物を苗字ごとに
グループ分けしなさい
【うちは】イタチ、サスケ、フガク
【日向】ネジ、ヒアシ、ハナビ
51%

うちは一族
うちはいちぞく

うちは一族とは、岸本斉史による漫画『NARUTO』に登場する一族のこと。

概要
木ノ葉隠れの最強血族。
写輪眼という特殊な眼を持っていることが特徴。
一族は代々『火』のチャクラ性質を持っており、火遁系の術を得意としている。
木ノ葉隠れ創設時のメンバーで戦国時代において千手一族同様、非常に強い一族だったとされる。
連載開始時には、一族はイタチによって滅ぼされ、イタチとサスケだけが生存している状態である。

うちはサスケ
うずまきナルトのライバル。物語の最重要人物で、本編のもう一人の主人公と言える。

うちはイタチ
サスケの兄。うちは一族を皆殺しにした大罪人。
里を抜け暁に所属する。しかし本当は…
引用元:うちは一族 (うちはいちぞく)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AF%E4%B8%80%E6%97%8F

日向一族
ひゅうがいちぞく

「日向一族」とは、岸本斉史による漫画『NARUTO』に登場する一族のこと。

概要
木ノ葉隠れの忍一族の一つ。透視能力や写輪眼以上の視野と動体視力、体内の経絡系を透視することができる血継限界・白眼を持つ。
またチャクラを放出し、相手の経絡系と内臓にダメージを与える特異体術『柔拳』を用いる。
一族名の元ネタは、おそらくだが宮崎県の旧律令国名である『日向国』からではないかと思われる(日本神話において日本統治の始まり天孫降臨の地とされる)。

宗家
日向ヒナタ
主人公うずまきナルトの同期で友人のくノ一、ナルトに恋心を抱いている。一族の当主ヒアシの娘で、一族の嫡子。

日向ハナビ
ヒナタの妹で、彼女と同じく一族の跡取り候補。

日向ヒアシ
ヒナタとハナビの父。一族の現当主。

分家
日向ネジ
ヒナタの従兄で、一族始まって以来の天才とされる。

日向ヒザシ
ネジの父で、ヒアシの双子の弟。
引用元:日向一族 (ひゅうがいちぞく)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E6%97%A5%E5%90%91%E4%B8%80%E6%97%8F