ス・ノーマン・パー


アニメ映画『クレヨンしんちゃん
ヘンダーランドの大冒険』に
登場する雪だるまは?
・スマ・ノンパーー
ス・ノーマン・パー(答)
23%

オカマ魔女、マカオとジョマの部下である雪だるまの男。トッペマ・マペットに持ち去られた魔法のトランプ『スゲーナ・スゴイデス』を奪回するべく刺客として送り込まれた、愛すべきみんなのトラウマ。ジャンケンをモチーフにした部下の中では、彼が司るのは「パー」。お尻の部分にそのシンボルマークがある。

名前は「スノーマン」ではなく「ス・ノーマン」。本人曰く「ス」で区切るのがこだわりだとか。江戸っ子のような口調と性格で、相手の心に取り入るのが得意。下記の通り本性は目的を果たすためなら手段を選ばない冷酷かつ子供に対して暴言を吐き散らす悪者であるが、無謀な作戦を実行しようとする野原しんのすけ達に忠告したり、わざわざ作戦タイムを許可するなどフェアな精神を持つ。
また、教育実習生としてふたば幼稚園に潜入した際に妙に的を射ている教育理論を語ったり、手傷を負いながらもやたらと整った文面の手紙を野原家に残すといった知性派な一面を見せていた。一方で魔法のトランプを使用するも呪文を間違えたしんのすけに、油断して正しい呪文をしゃべってしまう致命的なミスを犯す間抜け一面を覗かせており、総合的にどこか憎めない悪役である。

映画が公開された後、人気が高いためかテレビアニメに何度も登場している。テレビアニメ版ではしんのすけのおもちゃのラジコンとして登場した他に、テレビスペシャル「クレヨンウォーズ」でもカメオ出演で通行人として一瞬だけ映っている。また、『温泉わくわく大決戦』と併営された短編アニメ映画『メイド・イン・埼玉』では300m級の巨大怪獣として登場するが、アクション仮面やカンタムロボ達のヒーロー達の仲違いの喧嘩を見て、呆れて帰ってしまった。このように、本作のテレビアニメなどへの影響は大きい模様。

また、劇場版キャラクターの中で数少ない単独の限定グッズが販売されているキャラクターだったりするなど、ここでも人気の高さが窺える。
引用元:ス・ノーマン・パー (すのーまんぱー)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC