オトメ3原則!


高校生・大河原本気と美少女
ロボットとの恋愛を描いた
松智洋の小説は『◯◯◯
3原則!』? ◯を答えなさい
オトメ(答)
37%

076SkIOEjm
『迷い猫オーバーラン!』
赤いリボン
主人公と同じ孤児院育ち
口癖は「2回死ね!」
霧谷希
都築乙女
梅ノ森千世
芹沢文乃(答)

086LHeJXNoomD
『迷い猫オーバーラン!』
天才少女
猫の耳に見える髪の毛
口癖は「にゃあ」
都築乙女   つづきおとめ
霧谷希(答)   きりやのぞみ
梅ノ森千世   うめのもりちせ
芹沢文乃   せりざわふみの
引用元:『迷い猫オーバーラン!』芹沢文乃「赤いリボン」「2回死んでこい」「巧の幼馴染」 霧谷希「天才少女」「猫耳髪」「にゃあ」 https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/321/

オトメ3原則!
著者:松 智洋
イラスト:ななろば華

ロボットになりたい少女と、人間になりたいロボットが

ひとりの少年に恋をした。松智洋、新シリーズ発進!

今より少し未来。著名なロボット工学者を両親に持つ大河原本気は高校生にして一人暮らしをしている。それは離婚寸前の両親と過保護過干渉な姉から自由であるためだが、もうひとつ幼なじみで天涯孤独な隣人、久遠遙の世話をする約束を守っての事だった。ところが、あるトラブルをきっかけに父親の作った超高価な最新型人型ロボットと同居することになってしまう。まるで人間のようなロボット、ラブの存在は、二人の関係に変化をもたらすが、ラブには大きな秘密が隠されていて……。人間の優しさを描く日常系ハートフルSFラブコメ、ここに開幕!
引用元:オトメ3原則! | ダッシュエックス文庫 http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-630687-4

『オトメ3原則!』(おとめさんげんそく)は、松智洋著、ななろば華イラスト担当の日本のライトノベル。集英社のスーパーダッシュ文庫より刊行された。全6巻完結。

概要
『迷い猫オーバーラン!』・『パパのいうことを聞きなさい!』に続く、著者の松による集英社スーパーダッシュ文庫からの3シリーズ目となるライトノベル作品である。

松は本シリーズ執筆に関して、「(2012年)1月頃、『パパのいうことを聞きなさい!』アニメ放映中でホテルにカンヅメとなっていた時に気分転換で書いた」との趣旨で語っている[1][2]。また「自分の作品としては初めて『未来』や『ロボット』といった要素を織り込んだ」とも述べており[1]、松の従来作品のテーマに新しいテイストを加えることを試行した作品である[2]。本作はアイザック・アシモフの「ロボット3原則」をストーリー全体の軸にしており、松は「ロボット3原則の深いテーゼをこの作品のキャラクター達で深めて行きたい」と語っている[2]。

本作のストーリーは、著名なロボット工学者である父母および姉を持つ高校生大河原本気(おおがわら もとき)、通称「マジ」を主人公として、隣家に住む幼馴染で高校の同級生でもある「ロボットになりたい少女」[注 1]久遠遙(くおん はるか)と、本気の父が製作した「人間になりたい少女」[注 1]最新型試作アンドロイド「プロトII」(ぷろとつー)通称「ラブ」との関係を軸として、通学する学園の部活動「ロボロボ部」のメンバーとのやりとりを中心に展開していく。
引用元:オトメ3原則! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%88%E3%83%A13%E5%8E%9F%E5%89%87!

松 智洋(まつ ともひろ、男性、1972年10月13日[2] – 2016年5月2日)は日本の小説家、ライトノベル作家、同人誌即売会「コミックマーケット」関係者である。本名は成松 孝洋(なりまつ たかひろ)[3]。既婚[3]。

人物
福岡県出身[2]。小説家としては[注 1]2008年10月、スーパーダッシュ文庫より『迷い猫オーバーラン!』でデビューした[4]。以後、かなりのハイペースで作品を精力的にリリースしていた。各年の作品刊行数としては2008年に2冊、2009年から2013年に各6冊の刊行数となっている。この刊行ペースについては『パパのいうことを聞きなさい!』第2巻刊行時における、集英社スーパーダッシュ文庫担当編集者へのインタビュー記事においても「『迷い猫オーバーラン!』の時には(隔月刊で1年間6冊という)地獄の?スケジュールで執筆をお願いしていた。筆力の大変高い作家さんです」との趣旨で評されている[5]。同インタビュー記事では「(2009年11月から2010年3月までの)5ヶ月間で4冊の執筆依頼は申し訳なかったのに、その合間にドラマCDや特典小説も手がけられている」との趣旨で松の仕事ぶりについて触れている[5]。また松自身も「(2012年1月頃の)アニメ『パパのいうことを聞きなさい!』放送中で大変多忙だった時期に、執筆のためカンヅメになっていた際の気分転換として『オトメ3原則!』を書いた」と自らのワーカーホリックぶりについて述べている[注 2]。
引用元:松智洋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%99%BA%E6%B4%8B