小箱とたん



2007年にTVアニメ化された
漫画『ひだまりスケッチ』の
作者は蒼樹うめですが

『スケッチブック』の作者は
小箱◯◯◯? ◯を答えなさい
とたん(答)
47%

小箱 とたん(こばこ とたん)は、日本の漫画家。旧名 瀬尾ことば。福岡県立太宰府高等学校出身、福岡県在住。高校卒業後に漫画家を目指して漫画を描き始め[1]、2001年に『ガンガンパワード』にて「史上最大の虫退治」でデビュー[2]。
引用元:小箱とたん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%AE%B1%E3%81%A8%E3%81%9F%E3%82%93

『スケッチブック』は、小箱とたんによる日本の4コマ漫画作品。マッグガーデンの雑誌『月刊コミックブレイド』にて2002年4月号(創刊号)から連載を開始、同社のコミック誌が『月刊コミックガーデン』に一本化されてからも途切れることなく継続連載され、現在も連載中である。ブレイド創刊号から継続連載が続く唯一の作品であり、また、現在も連載が続いているものとしては最も古い「萌え4コマ漫画」ともいえる[要検証 – ノート]。また、『スケッチブック出張版』として、『コミックブレイドMASAMUNE』にも掲載されていた。普段は4コマ漫画だが、まれにコマ割漫画も掲載されることがある。『スケッチブック 〜full color’s〜』のタイトルで、テレビアニメが2007年10月1日から同年12月24日までテレビ東京系で放送された。
引用元:スケッチブック (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)