『新約「巨人の星」花形』


『巨人の星』をリメイクした
村上よしゆきの漫画は
『新約「巨人の星」◯◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
はながた(答)
67%
花形


元WBA世界フライ級王者
現役時代は協栄河合ジムに所属
世界王者・大場政夫とも対戦
チャチャイを倒し世界王者に
ロイヤル小林
花形進(答)
上原康恒
中島成雄
引用元:「花形進」チャチャイを倒しWBAフライ級王者 協栄河合ジム https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/37312/

リトルリーグで天才投手と呼ばれながら、右肩を故障し野球から遠ざかっていた花形満‥‥。肩は完治して再び野球ができるはずだった。だが不良の溜まり場となっていた野球部との勝負中、肩に激痛が走る! 壊れたままの肩を抱え、花形は嗚咽を漏らす。まだ、僕は野球がしたい‥‥。必死に伸ばした手が握りしめたのは打者という希望だった!!
引用元:『新約「巨人の星」花形(1)』(村上 よしゆき,梶原 一騎,川崎 のぼる)|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063637533

『新約「巨人の星」花形』(しんやくきょじんのほしはながた)は村上よしゆきによる日本の漫画作品。梶原一騎・川崎のぼるの原作『巨人の星』の舞台を21世紀初頭に移し、リニューアルした作品である。講談社『週刊少年マガジン』2006年36・37合併号から2011年4・5合併号まで連載された。

概要
1966年から1971年まで連載されていた『巨人の星』のリニューアル作品。主人公を星飛雄馬から花形満に変更し、設定を現代に置き換える形で連載するというのが編集部の方針とのことである。

『巨人の星』を星飛雄馬のライバル・花形満の視点から描いた作品には2002年にWOWOWで放送されたアニメ『巨人の星【特別篇】 猛虎 花形満』が存在するが、本作はそれとは異なり21世紀初頭が舞台。『巨人の星』とは登場人物の名称こそ同じであるが、設定は異なっている。

ストーリーは原作の流れを追いながらも、花形満が主人公ということで本作オリジナルの登場人物が多く登場すると共に、展開もオリジナル色が強い(序盤の展開はほぼオリジナル、飛雄馬の登場より原作の内容を踏まえて進んでいく)。原作登場人物は容姿を元の雰囲気を残しつつも、左門や伴の顔など一部を除いて多くがかなり現代風にアレンジされている。また、現代に舞台を移したことによる、原作の時代との野球理論の差異を現代的にアレンジする一方(大リーグ養成ギプスがその典型)、一徹による高校でのシゴキや過剰とも言える登場人物たちの自己訓練などに見られるように、原作がそうであったスポ根色はしっかりと受け継がれている。

作品自体の特色としては、有名な言葉(花形は主にシェークスピアの言葉を愛用)や有名な作品、豆知識や花言葉などを多く引用している事が挙げられる。 また、サブタイトルにたびたびBUMP OF CHICKENなど様々なミュージシャンの楽曲のタイトルが用いられる。
引用元:新約「巨人の星」花形 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%B4%84%E3%80%8C%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%98%9F%E3%80%8D%E8%8A%B1%E5%BD%A2