ベルゼブブ優一 オセ健太郎


次の文字列を組み合わせて
漫画『よんでますよ、
アザゼルさん。』に
登場する悪魔の名前にしなさい
アザゼル───篤史
ベルゼブブ───優一
オセ───健太郎
アンダイン───恵
サラマンダ───公威
37%


次のアニメ『よんでますよ、
アザゼルさん。』に登場する
悪魔と、声を演じた声優の
正しい組み合わせを選びなさい
サラマンダー───中井和哉
モロク───玄田哲章
ベルゼブブ───神谷浩史
アザゼル───小野坂昌也
アンダイン───小林ゆう

『よんでますよ、アザゼルさん。』は、久保保久による日本の漫画作品。青年漫画誌『イブニング』(講談社)にて、2007年21号より連載中。単行本は14巻まで刊行中。

善人とは言い難い人間と、性悪悪魔が繰り広げる騒動を描いたギャグ漫画である。悪魔達のマスコットキャラクターのような可愛くも見える姿とは裏腹に、過激な下ネタギャグ、グロテスクなスプラッター描写、風刺を織り交ぜたブラック・コメディが特徴。

アザゼル篤史(アザゼルあつし)
声 – 小野坂昌也
本作品の主人公。見かけは犬面でセミロング、メタボ体型の下級悪魔。趣味はセクハラ。
関西弁で喋り、職能とは関係ないお笑いにはこだわりがある。他の登場人物をあだ名で呼ぶことが多く、自身も「あっちゃん」と呼称することもある。武器として三叉の槍「性槍セクスカリバー」を持つが、大切に扱っていない。また、依頼によっては上から犬スーツを着こんで、普通の犬に変装する。翼があるため飛行も可能だが飛ぶ描写は多くない。家族構成は母親と、ペットに魔界ハムスターのラッキー(声‐中上育実)がいる。
基本的にいい加減で懲りない性格。学習能力が低く、仕事に関係ないことに集中するなど要領も悪いゆえ、アクタベ・さくまの制裁やグリモアの罰から一番酷い目に遭っている。イケニエには豚足やシャアザクが使われていたが、最近ではただの脂身になるなど扱いがどんどん雑になっている(70話より)。
魔界での姿は山羊のような下半身とコウモリのような翼を持つところは変わらないが、上半身は筋肉質で、逆立った髪型と額の角も長くなり、精悍な姿となる。コミックス第1巻発売前にイブニング本誌に掲載された「ほんとは恐ろしい悪魔辞典」では、「魔界においてはけっこうイケメンでモテてたりするらしい」と紹介されている。また性格も真の姿に戻るとマスコット時に比べて落ち着きが見られ、常識度が上がる(これはベルゼブブも同様である)。ただし後述の本性などからチンピラに見られることもある。

ベルゼブブ931世・ベルゼブブ優一(ベルゼブブゆういち)
声 – 神谷浩史
魔界の貴族。獄立大卒のエリート。見かけはペンギンに似た悪魔。アザゼルから「べーやん」と呼ばれる。
ベルゼブブ(蝿の王)の名の通り正体は蝿で、背中に虫の羽がある。飛行能力は非常に高く、肥満の岡田を抱えても難なく飛行可能。食の好みも蝿そのもので、糞尿を好み、能力を最大限高める秘薬と称して山羊の糞を食し、その嗜好は時に己を忘れるほど。本人が「高尚」と言ってはばからないその嗜好をスカトロ呼ばわりされると大いにキレる。その一方で、カレーライスに対して尋常ではないこだわりを持ち、召喚の際のイケニエもさくまの作るカレーで満足し、魔界の屋敷でもカレー状の物を食すシーンがある。魔界での普段の姿は登場悪魔の中では人に近く、その姿を見た多くの女性から「王子」と評されるほど美形。ただし手の部分などは異形で、頭にはハエの両目がついており、魔界で本気になった時は巨大な蝿と化す。
引用元:よんでますよ、アザゼルさん。 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%88%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%BE%E3%81%99%E3%82%88%E3%80%81%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%82

この漫画は 「ゆっさゆさゆさ ゆさゆっさ」「ザクちゃうでシャアザクや で」「豚足ハケろよバカー」「メイヤッサァァァ」 「コメ食をパン食に!」「ニートである勇気!!」「いくらプリチーに見えても我々は悪魔」「ベイブ!!」「マジ山マジ男っスか」 「送料はそっちもちで!!」「こんなくだらんギャグ漫画は打ち切りにしてやる」 「カマキリってなんスか」という感じの漫画です。
引用元:「よんでますよ、アザゼルさん。」既刊・関連作品一覧|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000003594