【ダンクーガ】『愛よファラウェイ』


次のロボットアニメと
主題歌の正しい組み合わせを
選びなさい
機甲艦隊ダイラガーⅣ───銀河の青春
機甲創世記モスピーダ───失われた伝説を求めて
超獣機神ダンクーガ───愛よファラウェイ
45%

『機甲艦隊ダイラガーXV』(きこうかんたいダイラガーフィフティーン、XVはローマ数字の15)は、1982年(昭和57年)3月3日から1983年(昭和58年)3月23日までテレビ東京系で毎週水曜日17:55 – 18:25の枠にて全56話(本編は全52話)が放送された、東映、東映動画製作のロボットアニメ。

東映製作によるロボットアニメ路線の通算第7作目であり、テレビ東京系列で初めて放送された東映動画(東映アニメーション)作品でもある。本作からそれまでの外部会社製作から、東映動画の製作に変更した。ロボットアニメとしては過去最多の15機合体という設定と、15人のパイロットの存在が本作の特徴である。物語は『宇宙戦艦ヤマト』を彷彿とさせる宇宙海洋ロマンとなっており、敵であるガルベストン帝国側にもドラマが用意されている。

主題歌
オープニングテーマ – 『銀河の青春』
エンディングテーマ – 『愛をつたえる旅』
2曲とも、作詞 – 藤川桂介 / 作曲・編曲 – 横山菁児 / 歌 – 川津恒一
引用元:機甲艦隊ダイラガーXV – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E7%94%B2%E8%89%A6%E9%9A%8A%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%BCXV

『機甲創世記モスピーダ』(きこうそうせいきモスピーダ、Genesis Climber MOSPEADA )は、1983年10月2日から1984年3月25日まで、フジテレビ系列で放送されたタツノコプロ、アニメフレンド制作のテレビアニメ。全25話。

あらすじ
2050年、突如として地球に侵攻してきた正体不明の異星生命体「インビット」のため、地球人の半数が火星に避難する。30年後の2080年、地球奪還と同胞の救出のために地球降下作戦が開始された。第1次降下作戦は失敗に終わったが、3年後の第2次降下作戦では、過去の教訓から新型の可変戦闘機 AFC-01 レギオスおよび、AB-01 トレッド。そして、これらに搭載され搭乗員の生存率を高めるための変型バイク兼パワードスーツ VR-052 モスピーダが配備されていた。

主題歌
オープニングテーマ – 『失われた伝説(ゆめ)を求めて』
作詞 – 売野雅勇 / 作曲 – タケカワユキヒデ / 編曲 – 久石譲 / 歌 – アンディ
エンディングテーマ – 『ブルー・レイン』
作詞 – 売野雅勇 / 作曲 – タケカワユキヒデ / 編曲 – 久石譲 / 歌 – 松木美音、アンディ
引用元:機甲創世記モスピーダ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E7%94%B2%E5%89%B5%E4%B8%96%E8%A8%98%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%80

『超獣機神ダンクーガ』(ちょうじゅうきしんダンクーガ)は、葦プロダクション(現:プロダクション リード)が製作し、1985年4月5日から1985年12月27日まで、TBS系列(ただし、一部系列局を除く)で放送されたロボットアニメ。全38話。放送開始当初は全52話(4クール)を予定していたが、商業的に振るわず3クールで打ち切りとなった。しかし、ファンの熱意ある支持とキャラクター人気に後押しされ、以後もOVAでTVシリーズから続く物語が描かれた。その後もスピンオフコミック・続編アニメ作品が各1作づつ制作されたほか、本作に登場するロボット群とキャラクターおよびストーリーセンテンスがテレビゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』の数作品に導入されている。

ロボットアニメというジャンルが『機動戦士ガンダム』を発端とするリアルロボットに席巻され、そのリアルロボットものの潮流も「一息ついた」時代[注 1]の作品である。最新鋭兵器を駆使する特殊部隊という獣戦機隊の設定や侵略者に対して民間人がレジスタンス活動を繰り広げるといった面ではリアルロボット系作品の作風を意識しつつも、敵が有機的で不気味な兵器を擁する宇宙(異次元)からの侵略者という点等ではリアルロボット以前のスーパーロボット系作品で見られた、「ロボットアニメのお約束」的要素も取り入れられている。

シリーズ構成兼メイン脚本家の藤川桂介は、代表作『六神合体ゴッドマーズ』でも見せた「過酷な戦いの中で展開される愛憎劇」を本作においても基本コンセプトに据えた。その主軸を主人公の忍ではなくヒロイン・沙羅とし、恋仲だったシャピロが野心ゆえに敵の軍門に下り自分の故郷たる地球や恋人だった沙羅を窮地に陥れるというシチュエーションが本作のドラマに他の作品には無いアクセントを付ける事となる。また、獣戦機隊の4人をストーリー上ほぼ同格の位置付けで描くことで、彼等の青春物語を軸に据えた「群像劇」としての側面が強調された点も、ロボットアニメの描写としては斬新な形であった。更には主人公たちの精神的な成長や戦局の熾烈化に合わせて搭乗する獣戦機の新たなる機能が発現する=モードチェンジが行えるようになるという設定も、序盤においては回を負う毎に新しいメカアクション描写が展開されるという見せ方に繋がり、こちらも物語を盛り上げる事に貢献した。しかし、子供や老人までもが無惨に死んでいく、無慈悲な侵略者との戦争という殺伐とした舞台設定に加えて、沙羅のシャピロに対する「愛しているが故に憎む」という感情は商業展開上のメインターゲットたる低年齢層の男子には理解し難いものだった。そしてロボットアニメでありながら主人公側の人型ロボットが登場するのは第11話で、タイトルにもなっている主役メカ・ダンクーガの初登場に至っては第2クール以後の第16話と非常に遅いなど、ドラマを重視し過ぎた展開も低年齢層の男子の視聴者には受け入れられなかったばかりか不評と顰蹙を買う結果に終わった。

主題歌
※発売元はEPIC・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)。

オープニングテーマ
「愛よファラウェイ」(第1話 – 第33話)
歌 – 藤原理恵 / 作詞 – 松井五郎 / 作曲 – 古本鉄也 / 編曲 – 戸塚修
「ほんとのキスをお返しに」(第34話 – 第38話)
歌 – 藤原理恵 / 作詞 – 冬杜花代子 / 作曲 – 古本鉄也 / 編曲 – 戸塚修
エンディングテーマ
「バーニング・ラヴ」(第1話 – 第33話)
歌 – いけたけし / 作詞 – 松井五郎 / 作曲 – いけたけし / 編曲 – 戸塚修
「SHADOWY DREAM」(第34話 – 第38話)
歌 – 東郷昌和 / 作詞 – 冬杜花代子 / 作曲 – 東郷昌和 / 編曲 – 戸塚修
引用元:超獣機神ダンクーガ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E7%8D%A3%E6%A9%9F%E7%A5%9E%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%82%AC