【オレンジアームズ】鎧武【龍玄】ブドウアームズ


次の特撮版味『仮面ライダー
鎧武』に登場する仮面ライダーと
基本形態であるフォームの
正しい組み合わせを選びなさい
仮面ライダー鎧武───オレンジアームズ
仮面ライダーバロン───バナナアームズ
仮面ライダー斬月───メロンアームズ
仮面ライダー龍玄───ブドウアームズ
39%

『仮面ライダー鎧武』(かめんライダーガイム、欧文表記:KAMEN RIDER GAIM)は、2013年10月6日から2014年9月28日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜8:00 – 8:30(JST)に全47話が放映された、東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。

キャッチコピーは「ライダー戦国時代」「キミはこの力、どう使う?」[1]「キミはどのフルーツが好き?」。

フルーツ案は子供の好みであることや世代を問わず話題にすることができる存在であることから提案され、鎧だけではシンプルに格好良くなってしまうことから”引っかかり”の要素として取り入れられた[12]。主役ライダーの鎧武のモチーフ(基本形態)は、人気・知名度の高さや赤を主体としていた仮面ライダーウィザードとの差別化などからオレンジが選ばれた[15][13]。それ以外のフルーツも人気・知名度の高いものが選ばれているが、ロックシードのクラス分けのためにドングリなどの木の実も取り入れている[13][16]。企画の構想では「果物を食べる鳥」をモチーフに進めていたため、鎧武のデザインには羽根の意匠の名残が残っている[9][13][14]。

あらすじ
西暦2013年。巨大企業ユグドラシル・コーポレーションの企業城下町・沢芽市。

企業の介入によって急速な発展を遂げたことで人々が豊かな暮らしを送る一方、閉塞感を覚えた若者たちはストリートダンス、ひいてはダンスをするためのフリーパフォーマンスステージを取り合う、特殊な錠前ロックシードを用いた対戦競技インベスゲームに没頭していた。そうしたショーのための陣取りに参加する若者たちビートライダーズが熾烈なランキング争いに身を投じる一方、ビートライダーズの一人だった青年葛葉紘汰は大人への『変身』を願い、ダンスをやめてアルバイトに励んでいた。

そんな紘汰のもとに、かつてのチームメイトである高司舞が現れ、リーダーである角居裕也の失踪とチームの窮状を訴えて救援を要請してくる。紘汰は自分の現状に悩みながらもチームメイトの頼みは断れず、裕也を捜索しているさなかで、裕也に呼び出されて向かった倉庫街に奇妙な切れ目を発見した。その切れ目の向こうには奇妙な森が広がっており、普段は競技に使用している獣インベスが制御されない状態で跋扈していた。踏み込んだ紘汰と舞に対して敵意を剥き出しに襲いかかってくるインベス。紘汰は突如現れた舞に似た謎の女性が発する『あなたは今、運命を選ぼうとしている』という警告に、迷いなく舞を救うことを選択。森で拾ったベルト戦極ドライバーにロックシードをはめ込み、アーマードライダー鎧武へと変身。インベスの撃破に成功する。

裕也が見つかるまでという条件で一時的にチームにカムバックした紘汰は、インベスゲームにも参加。所属するチーム鎧武を破竹の勢いで勝ち進めるものの、新たなアーマードライダーが続々とランキング争いに参加しはじめる。次第に激化するダンスチーム同士の抗争には若者たちを利用せんとするユグドラシル・コーポレーションの陰謀が深く根ざしていた。さらに世界を脅かすヘルヘイムの森の侵攻と、その奥深くに住まう人間ならざる存在フェムシンムの思惑が、沢芽市へと影を落とし始める。たったひとりだけが手にすることを許された、世界を思うままに変える大いなる力『禁断の果実』。その存在がビートライダーズたちを子供の遊びでは済まされない、地球全土を巻き込んだ戦いの運命へと誘いこんでいく。
引用元:仮面ライダー鎧武/ガイム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E9%8E%A7%E6%AD%A6/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%A0