『レインマン』


「ビッグコミック」で
2015年5月に連載を開始した
超常現象を題材にした
星野之宣の漫画は?
『アウトブレイク』
『レインマン』(答)
『トッツィー』
『スフィア』
26%

012kfiarzhifjj
星野之宣の漫画
『宗像教授伝奇考』の主人公
宗像伝奇
むなかたただくす
20%
引用元:むなかたただくす「宗像伝奇」星野之宣『宗像教授シリーズ』 https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/30485/

『レインマン』(RAIN MAN)は、星野之宣による日本の漫画。『ビッグコミック』(小学館)誌上において2015年11号(6月10日号)から2018年3号(2月10日号)まで連載された。脳を持たない青年が自らの存在の謎を探求する中で、人間の無意識と並行世界の相関を解明してゆくSFサスペンス。

2017年、第21回手塚治虫文化賞マンガ大賞にノミネートされた[1]。

あらすじ
第1部 「雨」(レイン)
10年前、北関東で発生した大規模な豪雨災害。3日間に渡って続いた激しい雨は北関東一帯を襲い、殊に山岳地帯の某県犬呻村では山崩れの土砂によって一村がまるごと壊滅するという甚大な被害を受けた。前触れもなく突如として現れ、不自然なまでの豪雨を降らせた雨雲は、深刻な災害の爪痕を残して姿を消した。

都内の大学に通う青年・雨宮瀑(あまみや たき)は、唯一の肉親であった母を喪い、遺言に従って新宿に小さな事務所を構える「賽木超心理学研究所」に入所する。「超心理学」とは人間の精神が物質に与える作用を精査する研究で、いわば超能力や超常現象を科学的手法によって検証する学問である。オカルトまがいにも見える研究に戸惑いながらも瀑は所長である賽木の下で働き始めるが、ほどなくして瀑の前に自身と生き写しの男が現れ不可解な投身自殺を遂げる。死んだ男は瀑と生後すぐに離別した双子の兄・漣(れん)であった。存在すら知らなかった兄との再会に瀑は当惑するが、遺体の解剖結果はさらなる衝撃を瀑に与えた。漣の身体から見つかった異常は弟である瀑にも認められ、双子の兄弟には共に頭蓋の中に脳が無かった。しかしデカルトの金言の如く、脳が無くとも思考する自分は確かに存在している。自らの存在の謎を解明するため、瀑は脳と意識を巡る謎を探求することを決意する。
引用元:レインマン (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

レインマン 1巻

作者
星野之宣
雑誌
ビッグコミック

主人公・雨宮瀑は母の死を契機に、超心理学研究所に勤める。そんな時、瀑に瓜二つの男が瀑の目の前で自殺。そして精密検査で瀑には脳のないことが判明した。連続する怪事件の意味は? 宇宙を、そして歴史を経巡り物語を紡いできた巨匠挑む、「人間に秘められた力」の世界!?
引用元:レインマン 1巻 – 小学館eコミックストア|無料試し読み多数!マンガ読むならeコミ! https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=11213