『センチメンタルプレリュード』


『センチメンタルグラフティ』の
シリーズ最終作として2004年に
発売されたのは『センチメンタル
◯◯◯◯◯◯』?◯を答えなさい
プレリュード(答)
33%

『センチメンタルプレリュード』(Sentimental Prelude)は、2004年10月28日にインターチャネルより発売されたPlayStation 2用の恋愛アドベンチャーゲーム。略称は「センプレ」。脚本は大倉らいた。キャラクターデザインは甲斐智久。CEROレーティング15歳以上対象。

元来『センチメンタルグラフティ』は、NECインターチャネルの多部田俊雄とゲーム制作会社マーカスの窪田正義による共同企画だった。しかし続編『センチメンタルグラフティ2』は窪田主導で製作されることとなり、その体制の下、多部田子飼いのライター大倉らいたが企画からパージされるなど、政治パワーゲームの様相を示すこととなった。こうした内情はSTUDIO COMIX(大倉の公式サイト)[1]内で暴露され、結果『2』に不満を抱くセンチファンの中に「『2』は正当なスタッフによる正当な続編ではない」という評価を生んだ。多部田はこうした状況を巧みに利用し、本作の制作発表会において「本当に作りたい物は自分で作らないと駄目だとわかりました(笑)」と発言。暗に『2』失敗の責任は窪田体制にあったことを匂わせ、本作こそが「本当に作りたい物」であることを宣言した。本作は「正当なスタッフによる正当な続編」「『2』を認めないセンチファンへのアンサー」としての側面を持ち、このプロデュース戦略に沿う形で大倉がライターとして復帰。舞台は『2』の流れを受けない『センチメンタルグラフティ』の2年前の神奈川県鎌倉市に設定され、修学旅行のエピソードにおいては、『センチ』のヒロインたちの出身地に行くことになり(ただし、同県横浜市出身の星野明日香のみハワイ)、彼女たちに出会うことで『センチ』へと繋がる前日譚的作品である。もちろんその声優陣も『センチ』同様の配役である。

製作発表は2000年冬のイベントにて行われたが、結局、発売まで4年の歳月をかけたことになる。ドリームキャスト版・Windows版も当初予定されたが、計画が頓挫する。また、ゲームに先行して行われたメール企画も結局うやむやのままになる。そういったこともあり、売上・評価・人気などすべての面において不振を極め、この本作を最後にセンチメンタルシリーズに終止符が打たれた。

ゲームシステム的には、恋愛シミュレーションの『センチメンタルグラフティ』とは大きく異なっており、『2』同様の恋愛アドベンチャーとなっている。
引用元:センチメンタルプレリュード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89

 それを初恋と言っていいのか…。 異性を好きになるという気持ちが、やっとわかり始めたばかりの頃、突然彼女の転校が決まった。仲の良かった友達が集まって、彼女の送別会を開き、そして校庭の桜の木の下に、小さなタイムカプセルを埋めた。最後まで笑顔でいた彼女>だけど、僕は知っている。送別会を録ったサイレントの8ミリフィルムの中で、彼女は一瞬、たしかに泣いていた。その涙を、僕はずっと、覚えている。

 アドベンチャーゲーム「センチメンタルプレリュード」は主人公(プレイヤー)の視点で綴られる恋愛ストーリーです。主人公が生まれ育った海辺の町を舞台に、彼と彼の幼なじみや同級生、そして学園で出会う人々との高校生活を描いて行きます。
  ゲームシステムはストーリーを読み解いていくシンプルなアドベンチャーゲームで、選択肢やパラメーターの変化によってストーリーが移行します。
 また、この 作品ならではの演出も用意されているので要チェックです。
引用元:「センチメンタルプレリュード」作品紹介 http://www.gungho.jp/cgame/game/senpre/index.html