坂口瞬


『カノジョは嘘を愛しすぎている』
クリュードプレイのメンバー
高校時代はバスケ部で4番
ボーカルを担当
坂口瞬(答)
小笠原秋
大野薫
篠原心也
49%


『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
クリュードプレイのメンバー
1人だけ後から加入
ベースを担当
篠原心也(答)

連想

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(カノジョはうそをあいしすぎてる)は、青木琴美による日本の漫画作品。『Cheese!』(小学館)にて、2009年5月号から2017年4月号まで連載された。第59回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞した。単行本は全22巻。2013年12月に佐藤健主演による実写映画化作品が公開された。略称は「カノ嘘」(カノうそ)[1]。

主人公
小笠原 秋(おがさわら あき)
声 – 鳥海浩輔[4] / 演 – 佐藤健(子ども時代:河相竜跳)
サウンドクリエーター。25歳。クリュードプレイの元メンバー。メジャーデビュー決定後に脱退した。今でも曲を提供しているが表向きはプロデューサーの総一郎名義で発表されており、ゴースト状態。音楽を介して全てが総一郎と繋がっているような現状に嫌気が差しており、自分の事を知らない理子に自分の正体を告げぬまま付き合い始める。
4人姉弟の3番目で唯一の男子。14歳の誕生日、父がギターと間違えてベースを買ってくれたのがきっかけでベースを弾くようになった。
ベースの機種はミュージックマン・スティングレイ。
考えたり悩んだりするとき 手で頭をさわってうつむく。
得意料理は餃子。

小枝 理子(こえだ りこ)
声 – 五十嵐裕美[4] / 演 – 大原櫻子
クリュードプレイの大ファンの女子高生。作中ではリコ。小枝青果店(八百屋)の一人娘。マッシュルームのような髪型で背は小さい。秋の正体を知らぬまま鼻歌に聞きほれ、顔にも一目惚れした。祐一と蒼太とバンドをやっており、ボーカル兼ギター担当。総一郎にスカウトされる。タワーレコードによく行く。心也や秋と瞬の会話の中では、「マッシュ」と呼ばれている。

CRUDE PLAY
通称・クリプレ。

坂口 瞬(さかぐち しゅん)
声 – 宮田幸季[4] / 演 – 三浦翔平
ボーカル兼ギター。秋とは幼馴染。坂口製菓取締役社長坂口祐基の一人息子。

篠原 心也(しのはら しんや)
声 – 白井悠介[4] / 演 – 窪田正孝
秋脱退後に加入したメンバー。デビューシングルで秋の演奏のゴーストを務めた。
自分は秋が戻るまでの一時的なメンバーだと思っている。自分だけのバンドを望んでおり、総一郎がスカウトした理子の声をすっかり気に入ってしまい、プロデュースしたいと言い出す。
父親は人気バンド「シモンズ」のベーシストだった。そのため、本人も子供が親の仕事を受け継ぐような感覚で、当たり前のようにベーシストになった。小学生の頃からスタジオを出入りし、ギャラを初めて貰ったのも小学生。

大野 薫(おおの かおる)
声 – 小野雄哉[4] / 演 – 水田航生
ギター。
引用元:カノジョは嘘を愛しすぎてる – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%81%AF%E5%98%98%E3%82%92%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%99%E3%81%8E%E3%81%A6%E3%82%8B