清水賢治


アニメの名物プロデューサー
『ドラゴンボール』
『ちびまる子ちゃん』
フジテレビ
大月俊倫
海部正樹
諏訪道彦
清水賢治(答)
62%


アニメの名物プロデューサー
林原めぐみをプロデュース
『新世紀エヴァンゲリオン』
キングレコード
大月俊倫(答)

連想
アニメの名物プロデューサー
『犬夜叉』などを手がける
『名探偵コナン』の劇中にも登場
読売テレビ
諏訪道彦(答)

連想
アニメの名物プロデューサー
『立喰師列伝』にも出演
『イノセンス』『人狼』
Production I.G代表取締役
石川光久(答)

清水 賢治(しみず けんじ、1961年1月3日 – )は、フジテレビジョン執行役員経営企画局長、サテライト・サービス代表取締役社長、デイヴィッドプロダクション取締役副社長(非常勤)。

略歴
1983年、慶應義塾大学法学部を卒業し、フジテレビに入社。

入社以来編成畑を歩み、テレビプロデューサー、映画プロデューサー、編成部副部長、スカパー・ウェルシンクの取締役部長[1]、フジテレビジョン映画事業局映画制作部長などを歴任。

『Dr.スランプ アラレちゃん』『ドラゴンボール』『ちびまる子ちゃん』など多数の大ヒットアニメをプロデュースしドラマでも『世にも奇妙な物語』などを手がけ成功を収めた。他にもJOCX-TV2枠での深夜番組の企画にも多く参加していた。

出向先であったスカパー・ウェルシンクでも数々のアニメ番組やドラマの企画に携わり特に『地獄少女』のテレビ局の垣根を越えた製作手法は高く評価された。こうしたことから、1970年代の別所孝治、1980年代の岡正と並んで日本のアニメを牽引してきたフジテレビ・アニメ史を語る上では外せない人物である。
引用元:清水賢治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E8%B3%A2%E6%B2%BB

大月 俊倫(おおつき としみち、1961年12月18日 – )は、元キングレコード専務取締役(2016年1月31日までスターチャイルドレーベル担当)。また、アニメ・特撮企画会社ガンジス社長でもある。元円谷プロダクションの取締役。

経歴
茨城県水戸市出身。日本大学農獣医学部卒。[1]大学在学中はアニメ雑誌『アニメージュ』のアルバイトでアニメの仕事をし、卒業後はキングレコードにアルバイトで勤務し、1984年に入社、スターチャイルドレーベルに所属。『必殺仕事人』や『ゴジラ』のサントラ盤など当初は特撮関係のアルバムを手がける。しかし、入社して3年目くらいでスターチャイルドのスタッフの過半数が退社してユーメックスを設立。その後もスタッフの退社が相次ぎ、スターチャイルドには大月ともう1人の2人が残された状態で、『機動戦士ガンダム』のブームも去ったことから億単位の赤字を抱え、スターチャイルドは廃部の危機を迎えた。この機に大月は、毛利和昭のオリジナルデザイン・イラストで『ドリームハンター麗夢』ドラマCDを初プロデュースしヒットを飛ばす。以後、高田裕三の『3×3 EYES』、CLAMPの『聖伝-RG VEDA-』、高河ゆんの『マインドサイズ』など漫画のイメージアルバムのヒットを重ね地道に実績を積み上げていった。アニメのサウンドトラックでは『鎧伝サムライトルーパー』『赤い光弾ジリオン』『NG騎士ラムネ&40』などを手がけている。

音楽プロデューサーとしては、1990年代から新人の女性声優を積極的にプロデュースし、声優ブームの立役者となった。後に林原めぐみの才能を見いだし、スターチャイルド事実上の専属タレントとして徹底的に売り込み、スターダムにのし上げた。

1994年のテレビアニメ『BLUE SEED』以来、アニメの製作プロデューサーとしても多くのアニメ作品を手がけ、パイオニアLDC(現:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)の真木太郎とともにアニメにおけるメディアミックス手法を確立した人物と言われる(『偽・うPの時事放談』の第1回放送より)。特に1995年の『新世紀エヴァンゲリオン』は社会現象ともなる大ヒットとなり、ヒットメーカーとしてその名を轟かせることとなった。ちなみに、口を出したくなるという理由で、放送時には見ていない。庵野秀明監督が作品を引き受ける条件は、作品に対してビジネスの要求を一切しないことであったという[2]。
引用元:大月俊倫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9C%88%E4%BF%8A%E5%80%AB

諏訪 道彦(すわ みちひこ、1959年4月14日 – )は、読売テレビ執行役員待遇 編成局・アニメーション部所属のエグゼクティブ・プロデューサー。デジタルハリウッド大学客員教授[1]。

愛称は「スワッチ」。

来歴・人物
愛知県豊田市出身。岡崎高校、大阪大学工学部卒業。1983年に読売テレビへ入社。同期には情報スポーツ局情報番組センター次長(2014年現在)の森武史がいる。入社1か月後に本社制作部に配属され、バラエティ番組『11PM』にADとして参加[2]。同番組の1985年3月5日放送分でディレクターに昇格した後[2]、1986年に東京制作局[3]へ異動となり、『ロボタン』からアニメのプロデュースを始めるようになった。

『シティーハンター』を始め、『YAWARA!』、『金田一少年の事件簿』、『犬夜叉』、『ブラック・ジャック』、『ブラック・ジャック21』、『名探偵コナン』、『魔法騎士レイアース』、『エンジェル・ハート』、『結界師』、『輪廻のラグランジェ』などのテレビアニメのプロデューサーを務め、劇場化の際の企画やプロデュースを行う。『名探偵コナン』シリーズの製作では2013年に藤本賞特別賞を受けた。
引用元:諏訪道彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E9%81%93%E5%BD%A6

石川 光久(いしかわ みつひさ、1958年10月30日 – )は、日本のアニメーションプロデューサー、実業家。

IGポート代表取締役社長、プロダクション・アイジー代表取締役社長、タツノコプロ非常勤取締役、東京大学大学院情報学環特任教授。

株式会社イング社長などを歴任した。

概要
東京都出身のアニメーションプロデューサーである。1980年代に、タツノコプロにて制作やプロデューサーを担当する。『赤い光弾ジリオン』のプロデューサーを担当した後、独立してアイジータツノコ(のちのプロダクション・アイジー)を設立した。2005年にプロダクション・アイジーの株式をジャスダックに上場し、ビジネス誌から取材を受けるなど企業経営者としても注目を浴びる。また、2004年に東京大学大学院情報学環の特任教授に就任する。

現在は、プロダクション・アイジーの代表取締役を務めるとともに、アメリカ合衆国の現地法人の社長を兼任する。さらに、同社やジーベック、マッグガーデンなどを傘下に擁する持ち株会社「IGポート」の代表取締役も兼任する。また、竜の子プロダクションでは非常勤で取締役を務める。
引用元:石川光久 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%85%89%E4%B9%85