成沢稜歌


『Occultic;Nine』
「がーもーたーん!」
声を演じたのは佐倉綾音
『キリキリバサラ』のスタッフ
澄風桐子
成沢稜歌(答)
我聞悠太
紅ノ亞里亞
50%


『Occultic;Nine』
声を演じたのは梶裕貴
ブログ「キリキリバサラ」を運営
「ハハッワロス」「まんどくせ」
我聞悠太(答)


『Occultic;Nine』
声を演じたのは能登麻美子
同人漫画家
成明大学の3年生
森塚駿
澄風桐子
我聞悠太
西園梨々花(答)
引用元:「西園梨々花」成明大の同人漫画家、CV能登麻美子 https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/37002/

連想
『Occultic;Nine』
ハンドルネームは「トコトコ」
オカルト雑誌「ムムー」の記者
声を演じたのは伊藤静
澄風桐子(答)

連想
『Occultic;Nine』
声を演じたのは沢城みゆき
黒魔術代行業を営む
本名は水無瀬莉愛
紅ノ亞里亞(答)

『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』(オカルティック・ナイン)は、志倉千代丸による日本のライトノベル。イラストはpakoが担当している。オーバーラップ文庫より2014年8月から刊行されている。志倉としては初のライトノベルシリーズとなる[1]。テーマは「超常科学NVL」。

メディアミックス企画として進行しており、各媒体で異なる展開となる。志倉が手掛ける『ANONYMOUS;CODE』と関連性を持つ。

2017年11月9日に5pb.よりゲーム版『OCCULTIC;NINE』が発売された。対応機種はPlayStation 4、PlayStation Vita、Xbox One。

あらすじ
まとめブログ「キリキリバサラ」の管理人・我聞悠太は、オカルトの話題に茶々を入れて、訪問者を増やし、広告収入だけで生活できるようになることを夢見ていた。ある日、悠太はブログのコメント欄への書き込みから、女子高生占い師としてネット上で人気を集める相川実優羽の存在を知り、好意を持つ。悠太の後輩でブログのスタッフでもある成沢稜歌の指摘で、実優羽が占い番組を収録している場所が成明高校の視聴覚室であることに気が付いた悠太と稜歌は実優羽に会いに行く。悠太の姿を見た実優羽は、「あなたの事を……待ってたんです」と意外なことを言い、稜歌とともにブログのスタッフになることを了承する。

他のサイトから安易に記事をコピーして、それに茶々を入れるだけという悠太の安易なブログ作成を見かねた稜歌は、オカルト肯定派の科学者としてマスコミで注目を集める、成明大学の橋上諫征教授にインタビューしてはどうかと悠太に持ち掛ける。一方、悠太が入り浸っているカフェ☆ブルゥムーンのマスター・和泉公平はハモニカ横丁で黒魔術代行業を営む 紅ノ亞里亞を取材してみてはどうかと悠太に勧めた。結局、悠太が橋上教授を、稜歌と実優羽が亞里亞を取材することになる。
引用元:Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Occultic;Nine_-%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%B3-