がらいいわお賀来巌



手塚治虫の漫画『MW』に
登場する神父です
賀来巌
がらいいわお(答)
37%

賀来巌
がらいいわお

賀来巌は,手塚治虫の漫画「MW」の登場人物。

概要
手塚治虫が1976年から1978年にかけて「ビッグコミック」において連載した、「MW」という作品の登場人物。
表向きは敬虔で実直なカトリックの神父だが、凶悪な犯罪者である結城美知夫の逃亡を手助けするなど犯罪に加担しており、実質彼とは共犯関係にある。また、2人は同性愛関係にあり、カトリック教徒として「禁じられた関係」への罪の意識から激しく懊悩する。
引用元:賀来巌 (がらいいわお)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E8%B3%80%E6%9D%A5%E5%B7%8C

概要
鉄腕アトムやブラック・ジャックなどで有名な手塚治虫が1976年から1978年にかけてビッグコミックで連載されていた作品。
本作では同性愛と猟奇殺人を取り扱っており、主人公が絶対悪で善の心が一かけらもないという点でも手塚治虫の作品の中で異彩を放つ。
2009年には手塚治虫生誕80周年を記念して玉木宏、山田孝之を主演に映画化された。
pixiv内では、この映画版のファンアートが多数を占める。
引用元:MW (むう)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/MW

『MW』(ムウ)とは手塚治虫の漫画作品。「ビッグコミック」(小学館)1976年9月10日号 – 1978年1月25日号に連載された。同作品を原作とした日本映画が2009年7月4日より公開された。また同年6月30日には、映画連動企画のテレビドラマも放映された。

概要
本作は「同性愛」と「猟奇殺人」を題材として扱っており、数多くの手塚作品の中で異彩なものとなっている。

タイトルであり作中の化学兵器の名でもある「MW」とは、主人公・結城が得意とする犯行の際の、女装や男娼的行為から「Man&Woman」との説がある。また、映画版公式サイトでは「Man&Woman」の他に「Mad Weapon」という説や、「180度回転させても同じなので『人の価値観は常に反転の可能性をはらんでいる』との解釈もある」と書かれている。また、映画のノベライズでは、賀来は「Monster Way」の意味だと解釈している。また「化学兵器の漏洩」というエピソードは、1969年7月8日に沖縄のアメリカ軍基地内の知花弾薬庫で起こったサリン漏洩事故が下敷きになっていると考えられる。

結城美知夫(ゆうき みちお)
主人公。表の顔は関都銀行新宿支店のエリート銀行員、裏の顔は世間を騒がす誘拐殺人犯。元々はおとなしい少年だったが、沖ノ真船島で起きたMW漏出事故に遭遇し、MWの後遺症で良心とモラルを無くし、凶悪な知能犯となる。変装の名人で女装も巧妙。有名歌舞伎役者の双子の兄を持つが絶縁されている。

賀来巌(がらい いわお)
教会の神父。不良少年だったが、偶然に訪れた沖ノ真船島でMW漏出事故に遭遇する。その時に見た犠牲者の断末魔に苦しみ、神に救いを求める。結城と同性愛の関係にあり犯罪に協力させられている。
引用元:MW (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/MW_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)