みおよすが澪縁



2009年9月にPS2で発売された
ゲーム『地獄少女』の副題は?
澪縁
みおよすが(答)
38%

『地獄少女 澪縁』(じごくしょうじょ みおよすが)は、コンパイルハートから2009年9月17日に発売されたPlayStation 2用ソフト。

テレビアニメ『地獄少女』を原作とするアドベンチャーゲーム。

概要
本作はテレビアニメ第3期『地獄少女 三鼎』をもとにしている。オープニングムービーはテレビアニメ版に修正を加えたものを使用しており、ロゴも『三鼎』と同じであるが、タイトルは『地獄少女 三鼎 澪縁』ではない。『三鼎』前半の設定同様、『地獄少女』全般の主人公である閻魔あいは肉体を失っており、あいに憑依された『三鼎』の主人公・御景ゆずきが本ゲームの当面の主人公として扱われている[1]。

『地獄少女』のゲーム作品としては以前にも、同じくコンパイルハートから『地獄少女 朱蘰』が発売されているが、ゲームプロデューサーの吉澤一彰によれば、『朱蘰』には諸般の事情で盛り込めなかった要素があり、これが『澪縁』制作に繋がったという。また、『朱蘰』では事件の解決に「地獄通信」を使用するか否かが最大の焦点であったが、人間は誰かを怨むだけでなく、誰かから怨まれる可能性をも誰もが持っているということも、『地獄少女』のテーマとして、今回の『澪縁』に取り入れられた大きな要素の1つとなっている[2]。

ストーリー
主人公・御景ゆずきは、旧友の神林明日香の招きで山奥にある媛馬村(ひめうまむら)を訪れた。地元の少年少女と親しくなり、楽しいひと時を過ごすゆずきだったが、やがて村で連続殺人事件が発生する。

事件の背後には、村の神社で祀られる地獄少女の存在が関与しているらしい。だが媛馬村の地獄少女は、ゆずきの知る人物とは異なり、六道るいと呼ばれていた。
引用元:地獄少女 澪縁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%8D%84%E5%B0%91%E5%A5%B3_%E6%BE%AA%E7%B8%81

コンパイルハートは、PS2用AVG『地獄少女 澪縁(みおよすが)』を9月17日に発売すると決定。公式サイトを本日7月8日にオープンした。

本作は、2005年より制作・放映されている、和風ホラーのテイストやブラックな世界観が特徴のTVアニメ『地獄少女』シリーズをベースにしたミステリーアドベンチャー。ゲームでは、とある山奥の寒村・媛馬村を舞台に、そこで起こる連続殺人事件にまつわるストーリーが展開していく。

 システムは、オーソドックスなアドベンチャー形式を基本としているが、独自の要素も盛り込まれるとのこと。さまざまな視点から事件を解くマルチビューシナリオを採用しており、一定の条件をそろえると、主人公キャラクターを変更して別角度からシナリオをプレイできるようになる。
引用元:電撃 – もう1人の地獄少女とは――PS2『地獄少女 澪縁』9.17発売! 公式サイトも公開 http://dengekionline.com/elem/000/000/176/176255/