【ナルト】ハーレムの術【サスケ】千鳥、豪火球の術


次の漫画『NARUTO』に
登場する必殺技を
それを使用する登場人物ごとに
グループ分けしなさい
71%

うずまきナルトうちはサスケ春野サクラ
千鳥
豪火球の術
ハーレムの術
桜花衝

うずまきナルトは、岸本斉史作の漫画作品及びそれを原作としたアニメ『NARUTO -ナルト-』の主人公である架空の人物。アニメでの声優は竹内順子、小暮英麻(「おいろけの術」によるナルコ状態)。ミュージカルでの俳優は屋良朝幸(2006年版)、松岡広大(2015年版〜)。

概要
火の国・木ノ葉隠れの里出身の忍者。四代目火影・波風ミナトと渦の国出身のくノ一であるうずまきクシナの間に生まれた[3]。尾獣の一体・九尾の妖狐を宿した人柱力。天涯孤独という設定であるが、これは連載当初の作者が「親が子を思う気持ちがわからなかった自身」の心境をそのまま反映したものとなっている[4]。読切版では九尾の妖狐そのものであったが「実は九尾、では読者が共感しない」という判断から連載版の設定が生まれた。
引用元:うずまきナルト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%9A%E3%81%BE%E3%81%8D%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88

うちはサスケは、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『NARUTO -ナルト-』に登場する架空の人物で、メインキャラクター。アニメでの声優は杉山紀彰、東山奈央(乳・幼児期、イタチ真伝)。ミュージカルでの俳優は町田慎吾(2006年版)[2]、佐藤流司(2015年版〜)[3]。

概要
主人公・うずまきナルトの親友にして、宿敵ともいえるほどのライバル[4][5]。また、この作品におけるもう一人の主人公的存在。三大瞳術の一つであり、一族特有の瞳術である写輪眼を受け継ぐ木ノ葉で最も強い伝説の「うちは一族」の末裔。後に大筒木インドラの転生者であることを六道仙人から知らされることになる。
引用元:うちはサスケ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%82%B1

春野 サクラ(はるの サクラ)は、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『NARUTO -ナルト-』に登場する架空の人物で、本作完結後のエピソードを描いたスピンオフ小説「秘伝」シリーズ第三弾の『NARUTO ナルト サクラ秘伝:思恋、春風にのせて』の主人公[2]。アニメでの声優は中村千絵。ミュージカルでの俳優は三倉茉奈、三倉佳奈(ダブルキャスト、-2006年)、伊藤優衣(2015年 – )。アニメ英語版吹き替えはケイト・ヒギンス(英語版)が担当している。

概要
はたけカカシが担当する第七班に所属するくノ一。同期の中で唯一、特殊な血筋や家系でない普通人の家系の育ちで、父は春野キザシ、母は春野メブキ。ピンク色の髪と赤いアオザイ風の忍装束が特徴。広い額がチャームポイントだが、アカデミー時代はそれをいじめのネタにされていたため前髪を伸ばしていた。額当ては髪をまとめるために使っている。第二部では空手風の衣装[3]になっており、手にグローブを付けるスタイルになっている。スレンダーな体型をしているが、本人は貧乳を時々気にする場面がある。

成績優秀な優等生ではあるが、一方で普段表には出さない攻撃的で非模範的な一面があり、それを強調した人格が「内なるサクラ」と呼称される。これはサクラが普段押さえ込んでいる心の内面を具現化したようなもので、ナルトやカカシへの陰口やサスケへの想いを吐露しており、ときには表に出てきている。第二部からはこの「内なるサクラ」が出てくることはなくなったが、代わりに怒りなどの感情を素直に表に出すようになった。その気性の荒さから原作・アニメ共に周りから綱手に似てきたと発言される事が多い。涙脆いが芯は強く、チヨからは「男気を持ち合わせている」と評された。
引用元:春野サクラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E9%87%8E%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9