ripples knit copious saucer


次のコナミの音楽ゲームを
稼働開始が早い順に選びなさい
『jubeat ripples』
『jubeat knit』
『jubeat copious』
『jubeat saucer』
44%

jubeat(ユビート)はコナミアミューズメントが2008年7月24日に発売したアーケードゲーム。2005年に発売したDANCE 86.4 FUNKY RADIO STATION以来約3年ぶりのBEMANIシリーズ新作となる音楽シミュレーションゲーム。

pop’n musicと同じく、特定の楽器や音楽機材を模さないシステム。音楽に合わせてボタンを操作するゲームスタイルは他のBEMANIシリーズと共通だが、操作するタイミングを示すオブジェの表示に他のシリーズ作品とは違う方法がとられていたり、プレイ結果がブログとして公開されたりするなど、jubeatリリースまでのBEMANIシリーズにはない試みがなされている。

当初の発売元はコナミデジタルエンタテインメントであったが、コナミグループ再編に伴い、2016年11月1日付で発売元がコナミアミューズメントへ変更された。

稼働時期 2008年7月24日 (jubeat)
2009年8月5日 (ripples)
2010年7月29日 (knit)
2011年9月15日 (copious)
2012年9月25日 (saucer)
2014年3月3日 (saucer fulfill)
2015年2月20日 (prop)
2016年3月30日 (Qubell)
2017年7月26日 (clan)

jubeat ripples(ユビート リプルズ)(2009年8月5日稼動開始)
白および明るい緑を基調とし、所々で波紋模様を使用している。
最初からプレイ可能な新曲はすべてライセンス曲となり、コナミオリジナル曲は1作目のものも含め隠し曲扱いとなった。収録曲は110曲。

jubeat knit(ユビート ニット)(2010年7月29日稼働開始)
knitまでのe-amusement passデバイス
液体のように波打つ曲線と直線、糸のような連なった線、黄色を基調としている。システムボイスがシリーズで初めて男性のものになった。
「ripples」と比較して、本人提供によるライセンス曲の比率が大きくなった。

jubeat copious(ユビート コピオス)(2011年9月15日稼働開始)
e-amusement passがタッチ式に変更
多角形や夜色カラーを基調としている。『AOU2011 アミューズメントエキスポ』に出展された。システムボイスが「ripples」以来女性に戻った。

jubeat saucer(ユビート ソーサー)(2012年9月25日稼動開始)
タイトルは英語で「受け皿」という意味で、筐体およびプレイ画面のテーマカラーは白と銀色メイン。2012年3月30日よりロケテスト開始[1]。システムボイスはロケテスト版では女性が担当していたが、製品版では男性に変更された。bistro saucerファイナルシーズン時点での収録曲は461曲。
引用元:jubeat – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Jubeat