『魔女と百騎兵』


2013年に日本一ソフトウェア
から発売された、PS3用
アクションRPGは
『魔女と◯◯◯』?
騎百団隊
馬兵一軍
百騎兵(答)
53%

『魔女と百騎兵』(まじょとひゃっきへい、The Witch and the Hundred Knight)は、ノラが開発し、日本一ソフトウェアより2013年7月25日に発売されたPlayStation 3用ゲームソフト。PlayStation 4用『魔女と百騎兵 Revival』(まじょとひゃっきへい リバイバル)は2015年9月25日に発売された。

概要[編集]
ジャンルはアクションRPGで、戦闘に重点が置かれた所謂ハックアンドスラッシュ型のゲームとなっている[4]。

「ディスガイアシリーズ」とは違い、やり込み要素などは薄く、大人向けの残酷なストーリーでストーリー性を重視しており、マール王国の人形姫に近い。元々はシームレスなオープンワールド化にも取り組んでいたが、3D技術の確立に手を取られ頓挫した。今後オープンワールドを取り入れていくのが目標だという。CEROレーティングはC(15才以上対象)だが、当初はZ(18才以上のみ対象)であった[5]。

メインキャラクター[編集]
百騎兵
声 – 水原薫
本作の主人公である魔神。メタリカが世界を沼で満たす野望を叶えるべく召喚した。伝承では恐ろしい風貌の最強の魔神だとされているが、実際は小さくて愛らしい姿。しかし、ピラーを破壊するなど実力はしっかりとある。頭にメタリカの魔力のトーチが灯されていることでミネアでの行動ができるため、トーチが消えると元いた世界に帰れず、かといってミネアへの干渉も出来ずに永遠に世界の狭間を漂う存在になってしまう。
相槌程度の声しか発せず直接会話することはできないが、セルフアサーションという選択システムを介しストーリーに介入できる[7]。

メタリカ
声 – 伊瀬茉莉也
ニブルヘンネの沼に住む、不気味な研究をしていると言われ、『沼の魔女』と恐れられる女性。見た目は少女だが実際は113年以上生きている。『メタリカ』の名前は自称らしく、過去を知る者からは『リカ』と呼ばれる事が多い。その性格は傍若無人で、「ピー」という音で消されるような暴言を連発する。思い付きで魔法道具をポンポンと製作するなど実力は相当な物だが、その魔術はほぼ独学で習得したもののため市井や魔女が知っていて当たり前の知識や常識の一部が欠けている。沼の外の世界にあこがれていて、純情な一面も持つ。契約を重視する魔女らしくなく掟破りや相手を騙すことを平然と行うが、人情は一応は持ち合わせている。情報源はほぼ全てアルレッキーノが持って来た本であり、大魔女ウルカの絵本が愛読書。
引用元:魔女と百騎兵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%A8%E7%99%BE%E9%A8%8E%E5%85%B5