『夜空はいつでも最高密度の青色だ』


次の文字列を順に選んで
最果タヒの詩集を原作とする
2017年に公開された映画の
タイトルにしなさい
夜空は
いつでも
最高密度の
青空だ
56%

解説
「舟を編む」の石井裕也監督が、注目の詩人・最果タヒの同名詩集をもとに、都会の片隅で孤独を抱えて生きる現代の若い男女の繊細な恋愛模様を描き出す。看護師をしながら夜はガールズバーで働く美香は、言葉にできない不安や孤独を抱えつつ毎日をやり過ごしている。一方、工事現場で日雇いの仕事をしている慎二は、常に死の気配を感じながらも希望を求めてひたむきに生きていた。排他的な東京での生活にそれぞれ居心地の悪さを感じていた2人は、ある日偶然出会い、心を通わせていく。ヒロイン・美香役には、石橋凌と原田美枝子の次女で本作が映画初主演となる石橋静河を抜擢。「ぼくたちの家族」でも石井監督と組んだ池松壮亮が慎二役を演じる。
引用元:映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/85415/

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(よぞらはいつでもさいこうみつどのあおいろだ)は、最果タヒによる詩集。及びそれを原作とした2017年の日本映画。

詩集[編集]
2016年5月にリトルモアから刊行された、著者の第四詩集。全43篇の詩が収録されている。ブックデザインは佐々木俊。前作『死んでしまう系のぼくらに』がヒットし、若者に人気の新進詩人として注目を受け始めた中での刊行だった。収録作の大半はネットを初出としている。
引用元:夜空はいつでも最高密度の青色だ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E7%A9%BA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%A7%E3%82%82%E6%9C%80%E9%AB%98%E5%AF%86%E5%BA%A6%E3%81%AE%E9%9D%92%E8%89%B2%E3%81%A0

最果 タヒ(さいはて たひ、1986年 – )は、日本の詩人、小説家。女性。兵庫県神戸市生まれ[1]。

経歴・人物[編集]
2005年、『現代詩手帖』2月号の新人作品欄に初投稿、入選した。その後も投稿を続け、2006年に優秀な投稿者に贈られる第44回現代詩手帖賞を受賞。2007年、第一詩集『グッドモーニング』(思潮社)上梓。2008年、京都大学在学中に『グッドモーニング』により当時女性では最年少の21歳で第13回中原中也賞を受賞した[2]。

ペンネームの由来[編集]
ペンネームには、特に意味はないとしている[4]。「タヒ」が「死」に見えることについては、名前を考えた頃、「死」を「タヒ」と崩して書くネットスラングはまだ存在しておらず、自分も気づかなかったと説明している[5]。

引用元:最果タヒ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E6%9E%9C%E3%82%BF%E3%83%92