『ヴァルトラウテさんの婚活事情』


北欧の戦乙女と人間の少年との
恋愛を描いた鎌池和馬のライト
ノベルは『◯◯◯◯◯◯◯さんの
婚活事情』?
トウルァブテラ
ヴァルトラウテ(答)
33%

ヴァルトラウテさんの婚活事情

著者/鎌池和馬 イラスト/凪良
定価/(本体590円+税)
2012年9月10日発売
ISBN 978-4-04-886886-0
 神々しき美貌をもつ、金髪碧眼な戦乙女お姉さん・ヴァルトラウテと、そんな彼女に一目惚れしてしまった人間の少年。
 実は二人とも相思相愛らしいのだが、片方は変な方向に頭が硬すぎる、超『奥手』な少女で、もう片方は後先考えてないけどなぜか結果的には良い感じに落ち着いていく『天然』な少年というカップルだった。
 この超面倒な二人の行く末を、天界アスガルドに暮らす愉快な面々――主神オーディン、その妻フリッグ、豊穣神フレイヤ、そして悪神ロキなどなど、お騒がせな神々が黙って見守っているはずが無かった!?
 二人は無事平穏な新婚生活を営めるのか? そのためには神族と巨人族の諍いどころかラグナロクだってぶっ飛ばす!?
 北欧神話コメディ登場!
引用元:ヴァルトラウテさんの婚活事情|電撃文庫公式サイト http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-886886-0/

『ヴァルトラウテさんの婚活事情』(ヴァルトラウテさんのこんかつじじょう)は、電撃文庫(アスキー・メディアワークス)より刊行されている鎌池和馬のライトノベル。イラストは凪良。担当編集者は三木。
引用元:ヴァルトラウテさんの婚活事情 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%86%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%A9%9A%E6%B4%BB%E4%BA%8B%E6%83%85

ワルキューレ(ドイツ語: Walküre)は、北欧神話に登場する複数の半神。
戦場において死を定め、勝敗を決する女性的存在である。彼女たちは王侯や勇士を選り分け、ヴァルハラへ迎え入れて彼らをもてなす役割を担ったが、これは尚武を旨とするヴァイキングの思想を反映したものと考えられる[1]。

ワーグナーの『ニーベルングの指環』[編集]
『ニーベルングの指環』はワーグナーの代表作の一つであり、15時間にも及ぶ巨大な楽劇である。北欧神話をモチーフとしており、序夜に続く第一夜はまさしく「ワルキューレ」と題されており、以下のワルキューレが登場する。
ヴォータン(オーディン)とエルダの娘
ブリュンヒルデ (Brünnhilde)
ゲルヒルデ (Gerhilde)
オルトリンデ (Ortlinde)
ヴァルトラウテ (Waltraute)
シュヴェルトライテ (Schwertleite)
ヘルムヴィーゲ (Helmwige)
ジークルーネ (Siegrune)
グリムゲルデ (Grimgerde)
ロスヴァイセ (Roßweiße)
引用元:ワルキューレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AC

概要

名前は「戦場の勇気」を意味する。ヴァル(Wal)「戦場」でトラウテ(traute)が「勇気」。
ただし「ヴァルト(Wald、規則・ルールの意)」と「トゥルト(Thrud、力の意)」の合成語と解すると「規則の力」となる。

『エッダ』などの北欧神話文献には登場しない、ワーグナーオリジナルの戦乙女。
大神ヴォータン(オーディン)と知恵の女神エルダ(ヨルズ)との間に生まれた九姉妹の一人。

メゾソプラノの女性によって演じられる。
引用元:ヴァルトラウテ (せんじょうのゆうき)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%86