「ベルカ」月華


秋山瑞人の小説『竜盤七朝
DRAGONBUSTER』の主人公です
月華
ベルカ(答)
35%


ボストーク計画の前に
ソ連がスプートニク5号に
乗せて生還させた
犬の名前を1つ答えなさい
ストレルカ(答)
ベルカ(答)

054yzaBHzy
次の動物を
宇宙に打ち上げられたのが
古い順に選びなさい
ハエ 1947アメリカ「ミバエ」
猿 1949アメリカ「アカゲザル」アルバート2世
ハツカネズミ 1950アメリカ
犬 1951ソ連「ツィガン」「デジク」
猫 1963フランス「Felix」
引用元:新規投稿を追加 ‹ わかればいいのに I wish I knew — WordPress http://seethefun.net/wp-admin/post-new.php

『DRAGON BUSTER』(ドラゴン・バスター)とは、秋山瑞人が2006年8月に発売された電撃hp誌上で連載を開始した龍盤七朝シリーズの小説である。イラストは藤城陽。2007年10月までに計4話が発表されている。01巻が2008年5月、02巻が2012年1月に発売された。最新の著者の言では、全三巻での完結の予定が公言されている。

あらすじ[編集]
卯の国、元都。虐げられる民“言愚”の象徴、青い眼を持つ涼孤は双剣を取り“龍を飲む”。卯王朝のまだあどけなさを残す第十八皇女“月華”はどぶ川の畔で“龍”を見る。二人は出会い、怒鳴りあい、笑いあい、そしてその先にあるものは……。
登場人物[編集]
月華(ベルカ)
主人公。卯王朝第十八皇女であり、正式な本名を「禁呪迷魔発 畏山 卯皇尊珀礼門天詩操宇慎望神狗守康倫下清姫 敬海 禁呪迷魔結」という。十四歳。第十八皇女という、平民と王族の悪いところを集めたような実に微妙な立場にあり、不遇を囲っていた。皇女として型破りな存在で、幼少の頃から宮廷の作法を教育されてきた一方で、それを窮屈なものだと思える自我を王族にしては精神的奇形といえるほど強く残しており、感情が昂ぶると「地団太を踏みながらぐるぐる回る」という当人にも訳の分からない動作をしたり、宮中ではとんでもない無作法とされる思い出し笑いの癖など、奇行が目立つ。女官達に、雅語で「思い出し笑い」と言う意味の『月華』という花の名前を渾名につけられるが、当人はこの不名誉な渾名を存外に気に入っており、正しくは『珀礼門』と呼称されるが、近しい者にはあえて『月華』の愛称で呼ばせている。ある夜、お忍びの最中、道に迷って辿り着いた運河の岸の焼き場で涼孤の舞う剣を目撃する。
その涼孤の剣に魅せられ、自身も剣を習い始める。未熟であるが天賦の才があるらしく、群狗があてがった教師役の武人が本当に皇女なのか、と疑う程。その群狗の指示でお遊び程度の教えしか受けていなかったが、背守との実践の最中に開眼し、「猫が虎になった」と胡久梨が評価する程になる。「寝歩き」と名付けた双節棍で胡久梨に挑むが敗退する。
引用元:DRAGON BUSTER – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/DRAGON_BUSTER