実写版『ブラック・ジャック』主演俳優 宍戸錠 加山雄三 隆大介 本木雅弘 岡田将生

180canacjDkSm
次のうち、手塚治虫の漫画
『ブラック・ジャック』が実写化
された時にブラック・ジャックを
演じた俳優を1つ選びなさい
石橋凌
哀川翔
豊川悦司
本木雅弘◯
加山雄三◯
隆大介◯
大槻ケンヂ
成宮寛貴

2012年現在まで5作作られているため、当記事では作品発表年順に並べている。なお5作とも主演俳優や公開形態が異なる。
>映画(1977年・宍戸錠版)[編集]
1977年11月26日公開。制作はホリプロ系のホリ企画制作、配給は東宝。正式な題は『瞳の中の訪問者』。併映作は花の高三トリオの卒業コンサートを記録したドキュメンタリー『昌子・淳子・百恵 涙の卒業式〜出発〜』。
>連続ドラマ(1981年・加山雄三版)[編集]
初のテレビドラマ化作品。正式題は『加山雄三のブラック・ジャック』。制作は松竹株式会社。原作を大幅にアレンジし、普段は画廊を経営する実業家・坂東次郎(顔の傷も消してある)を名乗り、必要なときのみマントを羽織った無免許医師BJの正体を明かすという設定となっている。ピノコ以外にも多くの助手を持つなど大幅なアレンジをしているが、物語そのものは原作のエピソードを比較的忠実に映像化している。
>ビデオ(1996年・隆大介版)[編集]
BJがパソコンを使うなど現代風にアレンジされている部分はあるが、内容は極めて原作に忠実な上、非常にうまくまとめられている。主役の隆大介演じるBJも原作のイメージに近く、はまり役と言える。内容、配役、作品の完成度のどれをとっても実写作品の中では一番と考えるファンが多く、非常に高い評価を得ている作品であるにもかかわらず、DVD化はされていないが人気作なので、レンタルショップにビデオ版が置いてあるケースが多い。
>単発ドラマ(2000年・本木雅弘版)[編集]
演出が『池袋ウエストゲートパーク』『TRICK』などを 手掛けた堤幸彦ということで、主演の本木と共に大変注目されたが、第1作は完全なオリジナルストーリーの上、BJのイメージにそぐわないオカルト仕立てであったことや、ピノコを双子にするなど設定を改変したことなどから、2作目以降は路線を変更し、ある程度原作の内容を盛り込むようになった。DVD化されており、DVDレンタルもされている。
>単発ドラマ(2011年・岡田将生版)[編集]
『ヤング ブラック・ジャック』という題名で2011年4月23日に日本テレビ系列で放送された。視聴率13.3%。
ブラック・ジャックがその名を名乗る前のエピソード。オリジナルストーリーで構成され、BJの生い立ちも本名といった設定も原作と異なるが、BJとピノコのイラスト、ヒョウタンツギの像やドクター・キリコの名が登場するなど、原作を思わせる要素を含んでいる。

ブラックジャック実写版のカオスww – NAVER まとめ.