『ラテラリティ』


TVアニメ『ヨルムンガンド
PERFECT ORDER』のED曲です
ラテラリティ(答)
25%

「ラテラリティ」(laterality)は、日本の女性シンガーソングライター・やなぎなぎの3枚目のシングル。2012年11月7日にジェネオン・ユニバーサルから発売された。

概要[編集]
タイトル曲「ラテラリティ」はテレビアニメ『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』のエンディング・テーマに起用され、カップリング曲「真実の羽根」も、『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』第15話限定でエンディング・テーマとして使用された[1]。
引用元:ラテラリティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3

laterality
【名】
(偏)側性、左右差、ラテラリティ◆体の左右の一方だけを選択的に用いること。
引用元:lateralityの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=laterality

『ヨルムンガンド』は、高橋慶太郎による日本の漫画作品。『月刊サンデージェネックス』(小学館)にて2006年5月号から2012年2月号まで連載された。

概要[編集]
武器商人ココ・ヘクマティアルの私兵少年兵ヨナ達の、鉄と火薬で出来た日々を描くガンアクション漫画。
第1話から第3話では大江英明、第4話では『ブラック・ラグーン』の軍事考証も手掛けている津久田重吾が「情報協力」としてクレジットされている。第2集の第8話では、作画協力として漫画家の秋月亮(現:あきづきりょう)が参加。第3集より、『タクティカルロア』・『機動戦士ガンダムUC』などの設定考証を担当している白土晴一が情報・考証協力。第4集から、情報協力・考証に白土晴一、アシスタントに市川剛、ヘルプに秋月亮という制作態勢が確立された。
第7集オビ(初版)にて、単行本累計100万部突破がアナウンス。同時期の編集部日記にて、第1集の12版が伝えられた。
2012年4月から6月まで、テレビアニメ第1期、同年10月から12月まで、第2期が放送された。
引用元:ヨルムンガンド (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)