ムラケン、アニシナ㋮


ムラケン
アニシナ
ヨザック
ギュンター
「涼宮ハルヒ」シリーズ
「ブギーポップ」シリーズ
「まるマ」シリーズ(答)
「戯言」シリーズ
47%


次のドイツ文学の主人公を
その作品の作者ごとに
グループ分けしなさい

リルケゲーテギュンター・グラス備考
ファウスト『ファウスト』
マルテ『マルテの手記』
オスカル・マツェラート『ブリキの太鼓』
ウェルテル『若きウェルテルの悩み』


次の小説のうち
ドイツの作家ギュンター・グラス
の「ダンツィヒ三部作」を
全て選びなさい
『女ねずみ』
『猫と鼠』(答)
『ブリキの太鼓』(答)
『犬の年』(答)

319IawRcwyGEb
原作は横山光輝
「マ゛」
防衛組織ユニコーン対BF団
草間大作少年の命令のみで動く
『スペクトルマン』
『怪奇大作戦』
『マグマ大使』
『ジャイアントロボ』(答)
引用元:『ジャイアントロボ』横山光輝原作 「マ゛」 草間大作少年 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/10715/

㋮シリーズの登場人物(まるマシリーズのとうじょうじんぶつ)は、喬林知著の「今日から㋮のつく自由業!」に始まる『㋮シリーズ』に登場する人物や特徴的な生物の一覧である。

フォンクライスト卿ギュンター
声 – 井上和彦 / 演 – 寿里(2013年)、小谷嘉一(2015年、2016年)
眞魔国王の補佐役にして、有利の教育係[3]。アニシナの実験台(2人目)。グウェンダルに負けず劣らずの苦労人。自他共に認める双黒フェチ。スミレ色の瞳に長い銀髪の美人。興奮すると汁(鼻血etc.)を出す。(本来)文武両道で才色兼備である。酒を飲むとすぐに脱衣して下着を頭に被って踊り狂うらしい(ギーゼラ談)。作家も兼任している(妄想日記が3冊あり、うち2冊は一般流通されている)。音痴。20年以上前は兵学校の教官だった。
雑誌では、ヴォルフラムと並び女装率が高い。

村田健(むらた けん)
声 – 宮田幸季 / 演 – 鳥越裕貴(2013年)、輝山立(2015年)、反橋宗一郎(2016年)
通称ムラケン。6月6日生まれ。有利とは中二・中三の時に同級であり、現在は有名私立進学校・星城高校に通っている[4]。体術を通信講座でこっそり習っている。年齢に合わない古いネタをたびたび披露する。かなりの腹黒で、口達者は母親譲り。
双黒の大賢者の生まれ変わりで、4000年前から今までの全ての記憶を持つ。前世は香港在住のクリスティン(AV女優)、更にその他にもスペインのパン職人・ヴェネチアのパン屋・古代エジプトのミイラ製作職人・十字軍の兵士など様々な遍歴を持つ。語学に堪能。3000年以上前、最初の大賢者が2つの箱を抱えて地球に逃避して以来、地球で転生を繰り返している。眞王のことが嫌い。

フォンカーベルニコフ卿アニシナ
声 – 高山みなみ
多くの肩書きを持つ小柄な女性にして、稀代のマッド・マジカリスト。(自称)毒女。赤い髪と青い瞳。眞魔国の繁栄には非常に一途。常に魔動装置(魔力で動く機械)の発明をし、グウェンダルやギュンターを実験台にしている。雄鶏が一番苦手で、ヒューブのことが大嫌い。魔術、毒物学、文学、女性の立場向上運動、日常生活の質の向上、拳闘、格闘とグウェンダルの観察にしか興味がない(本人談)。

グリエ・ヨザック
声 – 竹田雅則 / 幼少 – 斉藤貴美子 / 演 – 進藤学
眞魔国敏腕諜報部員。通称・お庭番(時々グリ江)。魔族と人間のハーフで大シマロン生まれ。父親譲りのオレンジ髪と青い瞳。魔力は無く、コンラッドとは同年代の幼馴染で戦友。元リメリック隊出身で、後にルッテンベルク師団に所属。ツェリ様在位中の頃は、波乱と苦難に満ちた人生だった(※両親から実質捨てられ、13歳まで家畜以下の扱いを受けてきたから)。
引用元:まるマシリーズの登場人物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9