中川幸太郎『ハヤテのごとく!』『百獣戦隊ガオレンジャー』


作曲家
『ハヤテのごとく!』
『百獣戦隊ガオレンジャー』
『コードギアス』
大島ミチル
久石譲
中川幸太郎(答)
田中公平
47%


作曲家
映画『Quartet」で初監督
クインシー・ジョーンズに由来
ジブリ作品や北野映画で有名
久石譲(答)

連想
作曲家
『ハーメルンのバイオリン弾き』
『勇者王ガオガイガー』
『サクラ大戦』
田中公平(答)

中川 幸太郎 (なかがわ こうたろう、1969年2月7日 – ) は、日本の作曲家、編曲家。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院音楽研究科修了。
父はトランペット奏者の中川喜弘、弟はトロンボーン奏者の中川英二郎、叔父はクラリネット奏者の中川武、トロンボーン奏者の中川敦嗣。

概要[編集]
学生時代からミュージカル音楽で活動していた[1]。
ストリングスと吹奏楽器を用いたアップテンポ、かつ荘厳壮大で華麗な曲調や、ラテン調の混じったジャズ調な曲を得意とする。
アニメ・特撮作品の劇伴音楽を手掛けることが多く、スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズといった東映特撮作品や、谷口悟朗の監督作品(『コードギアス』シリーズでは黒石ひとみと共作)への起用が特に目立っている。また『ガン×ソード』では鬼太鼓座と共演。中川としては珍しく和のテイストを随所に挿入したオープニングソングテーマ「GUN×SWORD」(インストゥルメンタル)は高い評価を受けた。平成仮面ライダーシリーズでは中川とほぼ同時期にシリーズに関わり始めた鳴瀬シュウヘイらとの共作も多い[2]。
弟の英二郎には自分が音楽を担当する作品では必ず演奏に参加してもらっており、中川の作品で良く使われる口笛も英二郎のものである。『スクライド』のBGM作曲の際、彼の口笛を「そっちが本職の方がいいんじゃない」と茶化している。『プラネテス』では父の喜弘もミュージシャンとして参加している。
引用元:中川幸太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%B9%B8%E5%A4%AA%E9%83%8E

大島 ミチル(おおしま ミチル、1961年3月16日 – [1])は、日本の作曲家、編曲家。長崎県長崎市出身。所属事務所はロックリバー株式会社。

3人姉弟の次女として生まれる。父親が長崎放送の社員だったため、長崎放送の社宅に住んでいた。純心女子高校を経て、国立音楽大学作曲科卒業。島岡譲に師事し、徹夜で課題をこなす日々を送った[2]。在学中に合唱交響曲『御誦(おらしょ)』を発表[3]。
主に映画音楽で知られる。精細なメロディー、厚みのある豪快なオーケストレーションが特徴。
引用元:大島ミチル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E3%83%9F%E3%83%81%E3%83%AB

久石 譲(ひさいし じょう、Joe Hisaishi、1950年12月6日 – )は、日本の作曲家、編曲家、指揮者、ピアニスト。本名、藤澤 守(ふじさわ まもる)。歌手の麻衣は長女。

概要[編集]
長野県中野市出身。長野県須坂高等学校を経て、国立音楽大学作曲科卒業。久石譲の名は、大学在学中に友人と話し合った結果、当時活躍していたクインシー・ジョーンズの名前をもじり漢字に当てたものに由来する[1][注 2]。また、本名である藤澤守名義でも作品を発表している。
映画音楽を中心に手掛ける[2]。特に宮崎駿監督作品においては、『風の谷のナウシカ』以降、『風立ちぬ』まで29年間全ての長編アニメーション映画の音楽を手掛けている。また、北野武監督作品においても、『あの夏、いちばん静かな海。』から『Dolls』に至る7作品の音楽を手掛けている。
ソロ活動も行っており、『MKWAJU』や『Melodyphony』など、多数のソロアルバムをリリースしている[3][4]。これらのアルバムでは、指揮・演奏・プロデュースも手掛け、ジャンルにとらわれない独自のスタイルを確立している[5][6]。また、一部の楽曲では、自らボーカルを担当している。
引用元:久石譲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E7%9F%B3%E8%AD%B2

田中 公平(たなか こうへい、1954年2月14日[1] – )は日本の作曲家、編曲家、歌手。音楽プロダクション「イマジン」所属[2]。主にアニメの楽曲を手がける[1]。大阪府[1]大阪市中央区戎橋[要出典]出身。

来歴・人物[編集]
父親は医師[要出典]。大阪星光学院高等学校卒[要出典]。東京藝術大学音楽学部作曲科[1]で池内友次郎らに師事[要出典]。卒業後、ビクター音楽産業宣伝部に3年間勤務[1]。退社後米国マサチューセッツ州ボストン市にあるバークリー音楽学院に2年間留学し、帰国後作曲家として活動を始める[1]。
オーケストラの使用、特に金管楽器とストリングスをストレートに用いた分かりやすいサウンドで、テレビ番組のBGMにもよく使用されている[要出典]。そうした激しさをアピールした楽曲群によって知名度が高まった経緯から、派手で力強い楽曲の製作依頼ばかりが寄せられ、田中は「もっと多彩な音楽を作りたいのに」と困惑した時期があった[要出典]。1996年のコンピュータ・ゲーム『サクラ大戦』のサントラ製作では極めて自由な作曲を行える環境に恵まれた結果、「ようやく自分自身の音楽性の幅広さをアピールでき、多用なジャンルの作曲依頼が増えた」と言う旨をインタビューで述べている[要出典]。時折、本名の他にモンリオ=エニコーネJr. (イタリアの映画音楽作曲家エンニオ・モリコーネの捩り)などと名乗って歌も歌っている[要出典]。
引用元:田中公平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%85%AC%E5%B9%B3