ニア、メロ


漫画『DEATH NOTE』に登場する
ワイミーズハウスで育てられた
Lの後継者のうち
1人を答えなさい
ニア(答)
メロ(答)
61%

L(エル)は、漫画『DEATH NOTE』に登場する架空の探偵である。

人物[編集]
探偵として[編集]
世界の迷宮入り事件を何度も解決し、全世界の警察を動かせる唯一の存在として「影のトップ」「最後の切り札」「世界一の探偵」と呼ばれる。13巻のインタビューで大場つぐみが「登場人物の中で最も頭がいいのは誰だと思うか」という質問に対し「L。漫画の設定上そうでないといけないから(笑)。」と答えており社交性などでは月に劣るがその発想力は天才的で大胆な行動力ももっている。また、作中でLと並び「世界三大探偵」と評されるドヌーヴ、エラルド=コイルもLと同一人物である。ノベライズ版では、この2人の探偵は実在し、欧州バイオテロ事件と呼ばれる事件での探偵合戦でLが名前を勝ち取ったものとされている。

Lの後継者・候補者[編集]
ワタリが創設した孤児院『ワイミーズハウス』にはLの後継者を担う子供達がおり[4]、第二部ではワイミーズハウス出身の3人の後継者候補が登場する。
ニア
ワタリが建てた孤児院ワイミーズハウスで育ったLの後継者1次候補。アメリカでキラ対策機関SPKを結成して「N」と名乗り、真のLの後継者であることを2代目Lである月に認知させる。月の死後3代目Lとなる。
メロ
ニアと同じくワイミーズハウスで育ったLの後継者2次候補。Lの後継者の座をニアに譲り、ニアとは別にマフィアやワイミーズハウス出身のマットと手を組んでキラに迫る。
マット
ニア、メロと同じくワイミーズハウスで育ったLの後継者3次候補。メロと手を組んでキラに迫った。
引用元:L (DEATH NOTE) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/L_(DEATH_NOTE)