津村まこと『ASTRO BOY 鉄腕アトム』



アニメ『鉄腕アトム』第1作で
アトムの声を演じた声優は
清水マリですが

2004年に放送されたアニメ
『アストロボーイ・鉄腕アトム』
で、アトムの声を演じた声優は
津村◯◯◯? ◯を答えなさい
まこと(答)
72%
「津村まこと」


『スウィート・ヒアアフター』
『エキゾチカ』などの代表作が
あるカナダの映画監督は
アトム・◯◯◯◯?
ダルヤゴン
モイソエセ
エゴヤン(答)
「アトム・エゴヤン」

津村 まこと(つむら まこと、1965年[1]7月22日 – )は、日本の女性声優。アクセント所属。北海道出身。

人物[編集]
1991年江崎プロダクション付属養成所。1993年 – 2007年マウスプロモーション(旧:江崎プロダクション)所属。2008年10月よりディーカラー所属。2013年10月よりアクセント所属。
『ASTRO BOY 鉄腕アトム』以降、清水マリからアトム役を受け継ぎ、以降ほとんどの作品でアトムの声を担当していることで知られる。
フジテレビ系列での放送中のアニメ『サザエさん』の3代目磯野ワカメ役を務めている。
引用元:津村まこと – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E6%9D%91%E3%81%BE%E3%81%93%E3%81%A8

アトム・エゴヤン (Atom Egoyan, 1960年7月19日 – ) は、カナダの映画監督、脚本家、映画プロデューサー、俳優である。

主な作品
『エキゾチカ』
『スウィート ヒアアフター』
『アララトの聖母』

1994年の『エキゾチカ』は第47回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、国際映画批評家連盟賞を受賞[6]。1997年の『スウィート ヒアアフター』は第50回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した[7]。これらの作品はジニー賞の作品賞・監督賞も受賞している[8][9]。
2002年、自身のルーツでもあるアルメニアの歴史の中のオスマン帝国によるアルメニア人虐殺について扱った『アララトの聖母』を発表。その内容には賛否が分かれたが、ジニー賞では3度目の作品賞を受賞した[10]。
引用元:アトム・エゴヤン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%83%A4%E3%83%B3