ざくろ「西王母桃」



漫画『おとめ妖怪ざくろ』に
登場する半妖の主人公
西王母桃
ざくろ(答)
49%

203sxDfVXNsvpP
漢字で「海石榴」といえば
どんな植物のこと?
カタカナで答えなさい
ツバキ

江戸時代の銭湯の特徴である蒸気を外に漏らさないようにした入り口を「◯◯口」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ざくろ(答)
「石榴口」
引用元:「海柘榴」ツバキ 「石榴(ざくろ)口」江戸時代銭湯の入り口 http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/2001/

CIMG7046tBLcFwcbqNiA
紫式部の『源氏物語』
第47帖の名前です
総角
あげまき
引用元:「鈴虫」二千円札 『箒木』ははきぎ『源氏物語』第二帖「雨夜の品定め」 「冷泉帝」光源氏と藤壺中宮の子 『総角』あげまき『源氏物語』第47帖 「藤原彰子」一条天皇・臣下に紫式部 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/7689/

『おとめ妖怪 ざくろ』(おとめようかい ざくろ)は、星野リリィによる日本の漫画作品。『コミックバーズ』(幻冬舎コミックス)にて連載中。2010年10月から2011年1月までテレビアニメが放送された。2017年に舞台化作品が上演(後述)。

妖人省[編集]
西王母桃(ざくろ)
声 – 中原麻衣 / 演 – 野田和佳子[1]
主人公。半妖。総角とコンビを組む。
喧嘩独楽が得意の、強気でお転婆な少女。非常に強い妖力を持ち、加えて歌がなくともその妖力を自在に扱えるため、戦闘能力は妖人省の中でもずば抜けて高い。初対面で王子様のような総角に運命を感じるが、直後に妖怪を差別する本性を知って幻滅する(名前も呼ばなくなる)。しかし、彼の他の面を知るにつれて信頼するようになり、次第に惹かれていく。ただし意地っ張りな性格のため、総角への好意を素直に態度で表せないことが多い。文明開化に対しては否定的で、バテレン[注 1]を毛嫌いしている。ラムネや金平糖を好む一方で牛乳を嫌うが、それが入っているとわからないもの(ビスケットなど)は普通に食べられる。

総角景(あげまき けい)
声 – 櫻井孝宏、演 – 遊馬晃祐[2]
もう1人の主人公。帝国陸軍少尉。ざくろのパートナー。
由緒ある軍人家系を継ぐ総角家の嫡男。表向きは優雅な立ち振る舞いの美男だが、実は妖人が大の苦手なヘタレ。情けない面を持ちつつも仕事に対しては真摯かつ誠実で、心優しい性格の青年。また、豊かな包容力を持っており、ざくろの精神的な支えともなる存在である。ざくろとは出会った当初から喧嘩が多いものの、良き相棒となりつつある。タエの恋心に気付いていないなど色恋沙汰には鈍感だが、ざくろへの特別な感情を自覚し、神がかりの里の一件で本人に対し打ち明けている。以降は気持ちを素直に表しており、婚約すらも構わないと言うほどになっている。
引用元:おとめ妖怪 ざくろ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%82%81%E5%A6%96%E6%80%AA_%E3%81%96%E3%81%8F%E3%82%8D

西王母(せいおうぼ、さいおうぼ)は、中国で古くから信仰された女仙、女神。姓は楊、名は回。
九霊太妙亀山金母、太霊九光亀台金母、瑶池金母、王母娘娘、西老[1]などともいう。
王母は祖母の謂いであり、西王母とは、西方の崑崙山上に住する女性の尊称である。すべての女仙たちを統率する聖母。東王父に対応する。
引用元:西王母 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%8E%8B%E6%AF%8D

蟠桃会(ばんとうえ)は、中国神話に登場する西方の崑崙山に住み最高位の女仙・西王母の伝統的な聖誕祭(3月3日)である。
長寿と富貴を象徴する宴会として知られ、「蟠桃勝会(ばんとうしょうえ)」、「蟠桃大会(ばんとうたいえ)」や「蟠桃宴会(ばんとうえんかい)」など異名を有す。
西王母が主催する、お祝いに訪れた上級の貴仙や神族が天界の瑤池に集うことから、九千年に一度熟す不老不死の仙桃を招待している。この時は、若くて美しい女仙の麻姑が霊芝を醸して美酒を西王母に捧げて、お祝いにやって来る。
蟠桃会の開催の前に、西王母が七仙女を派遣し、蟠桃園の中の蟠桃を採集することである。
引用元:蟠桃会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9F%A0%E6%A1%83%E4%BC%9A

223 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2010/10/16(土) 23:48:35 ID:Mh4SBD1Z0
西王母桃でザクロと読むのはどういう意味があるんだろう?

230 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2010/10/17(日) 00:01:36 ID:CIACDYiwO
>>223
西王母と桃のつながりが深いのはわかったが
ざくろとは関係なさそうだし
ざくろといったら鬼子母神だけど
こっちも西王母と関係なさそうだし

234 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2010/10/17(日) 00:17:07 ID:fxO0JSKW0
>>230
西王母って元々鬼神(しかも半人半獣≒半妖)だし、
いわゆる鬼子母神なんかの女系鬼神の最高位だそうだから、
その辺りからイメージ的に関連してるんだろうとは思うよ。

西王母→桃≒鬼子母神→ざくろ
引用元:藤堂志摩子のAngel Heart Club 西王母桃を「ざくろ」と読むことに何か意味があるのか? http://eternalsisters.blog60.fc2.com/blog-entry-689.html

少し余談になりましたが、ではザクロと鬼子母神がなぜ関係しているのかについて話を戻したいと思います。日蓮宗では鬼子母神をご祈祷御本尊勧請の諸天善神として祀っています。そのお姿は一般的に左手に子どもを抱え、右手に 吉祥果 を持つことが多いです。吉祥果とは鬼子母神がもつ魔障を払う果実のことで縁起のいい果物のことです。経典がインドから中国に渡り漢訳されたとき、 吉祥果 という名前になりました。しかし、漢訳した人たちは吉祥果というものはこの世でみたこともなかった為、それに似ているザクロが代用されました。それによって吉祥果=ザクロになったわけです。そして、それが日本にそのまま伝わって日本でも吉祥果=ザクロになりました。だから、吉祥果として多くの鬼子母神堂でザクロの木が植えられているわけです。
引用元:鬼子母神とザクロ|龍華 大本山 妙顯寺|日蓮宗 寺院ページ http://temple.nichiren.or.jp/5011001-myokenji/2014/10/id149/