『GTF4』ニコ・ベリック、リバティーシティ


日本版はカプコンがPS2で発売
シリーズ初のマルチエンディング
2008年のリバティーシティが舞台
主人公はニコ・ベリック
『Grrand Theft Auto IV』(答)
『Grrand Theft Autoバイスシティ』
『Grrand Theft Auto III』
『Grrand Theft Autoサンアンドレアス』
39%


アメリカ生まれのゲーム
制作会社はRockstar Games
リバティシティ、バイスシティ
暴力描写が問題視される
『Grrand Theft Auto』

連想
ギャング
殺人犯の濡れ衣を着せられる
サンアンドレアス州生まれの黒人
『Grand Theft Auto』
カール・ジョンソン(答)

連想
発売元はテイクツーの日本法人
自転車や戦闘機を操縦
主人公はカール・ジョンソン
舞台は1992年のサンアンドレアス
『Grrand Theft Autoサンアンドレアス』(答)

連想
発売元はテイクツーの日本法人
2004年のノース・ヤンクトン
舞台は現代のサンアンドレアス
3人の主人公
『Grand Theft Auto V』

連想
日本版はカプコンがPS2で発売
シリーズで初めて3Dに
2001年のリバティーシティが舞台
主人公はクロード・スピード
『Grrand Theft Auto III』(答)

128gLWyNVuTDc
2014年8月に調理家電のブランド
「GRAND X」を立ち上げたのは
象印マホービンである
×(答)
◯タイガー魔法瓶
引用元:タイガー魔法瓶「GRAND X(グランエックス)」こだわりの道具で、感動の美味しさを http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/7955/

グランド・セフト・オート(Grand Theft Auto、略称:GTA)は、アメリカのゲーム制作会社・Rockstar Gamesが発売したコンピューターゲームのシリーズ。犯罪を中心にした内容が特徴。2015年8月時点で、全世界でシリーズ累計2億2,000万本以上の売り上げを記録[1]している大ヒット作品である。

概要[編集]
ゲームタイトルは直訳すれば「自動車重窃盗」といった意味(Grand Theftは重窃盗、Autoは自動車)であるが、シリーズでは車に限らず陸海空の様々な「乗り物」がミッションにフィーチャリングされている。非常に自由度が高いがその内容が生き残るためなら誰彼構わず巻き添えにする事も可能であり、暴力的過ぎるという批判も強いため「暴力・出血表現が含まれている」などの注意喚起シールがほとんどのシリーズのパッケージに貼ってある。

グランド・セフト・オート[編集]
詳細は「グランド・セフト・オート」を参照
同シリーズ第1作。1997年10月、北米で発売。見下ろし型ドライブゲームの形態を持ちながらギャング組織のチンピラ(ストリートギャング)がボスに指示をもらい、ミッション(犯罪)を実行するという内容。日本ではPC版と、1998年にPlayStation版が発売された。従来にはないその暴力性が一部で問題視された。

グランド・セフト・オート 2[編集]
詳細は「グランド・セフト・オート2」を参照
1999年10月発売。PC向けの製作で2D(x,y軸)。前作からの大きな変更点は「信頼度」の導入であり、これは各面ごとに3つの犯罪組織が対立しており、ある組織に気に入られるとより報酬の高い仕事をもらえるが、その代わり敵対する別の組織から報復を受けるというものである。このため高い自由度に加えて、常に各組織の顔色をうかがいながらゲームを進めていくという戦略性が加わった。また、アメリカ合衆国が舞台だった前作に比べて「ザイバツ」や「ヤクザ」という組織名や「アサクサ」「ヒロシマ」のような地名、日本語が流れるラジオなど、所々に日本を意識した作りが見られる。さらに最大手配レベルが4から6になり、犯罪を起こしすぎると厳しいペナルティがさらに厳しくなった。シリーズで唯一ドリームキャスト版が発売された作品でもある。 なお、Rockstar Gamesの英語版サイトでこのゲーム(英語表記)がフリーソフトでダウンロード可能である。

グランド・セフト・オートIII[編集]
詳細は「グランド・セフト・オートIII」を参照
当初PS2で発売され、後にPCやXboxに移植され、世界中で八百万本規模の大ヒットを遂げる(公式には800万本と称される)。日本でも2003年秋にカプコンよりCEROレイティング18歳以上対象ソフトとしてPS2版が発売され、海外ゲームとしては異例の30万本ヒットを記録。架空の街「リバティーシティ」を構築し、自由にシミュレーションすることが人気を得た。同時に暴力描写、特にチートを使用することで体がバラバラになる描写が話題となり、青少年による暴力や無差別殺人事件を誘発したとして批判され(後述)、神奈川県で有害図書に認定される。2004年12月16日にカプコンから廉価版がPlayStation 2用として発売された。本作の主人公はクロード。

グランド・セフト・オート・バイスシティ[編集]
詳細は「グランド・セフト・オート・バイスシティ」を参照
グランド・セフト・オートIIIシリーズ第2弾。2002年10月にPS2で発売、日本では2004年5月にPS2日本版が発売された。その後に、PC版にも移植した。また、同国では前作グランド・セフト・オート IIIをカップリングした徳用パック『グランドセフトオート ダブルパック』がXboxとPS2向けに発売された。アル・パチーノ主演のバイオレンス映画『スカーフェイス』、及び80年代を代表するマイアミが舞台のドラマ、『マイアミバイス(Miami Vice)』の強い影響を受けて作られた。本作の主人公はトミー・ベルセッティ。

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス[編集]
詳細は「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス」を参照
グランド・セフト・オートIIIシリーズ第3弾。2004年10月26日にPS2北米版が発売された。PS2日本版は不適切なシーンなどを一部カットした上で2007年1月25日発売(CERO区分:Z=18歳未満購入禁止)。2007年7月12日には、カプコンより廉価版が発売された。
舞台は1992年のアメリカ西海岸の架空の州、サンアンドレアス。州の中にはLos Santos、San Fierro、Las Venturasの3つの都市がある。本作の主人公はカール・ジョンソン(CJ)。

グランド・セフト・オートIV[編集]
詳細は「グランド・セフト・オートIV」を参照
北米、欧州などで2008年4月29日にXbox 360、PS3それぞれのハードで発売されている。日本版はPS3版Xbox 360版ともに2008年10月30日に発売。PC版は北米で2008年12月2日に、ヨーロッパ地域では12月3日にそれぞれ発売され、日本語版も2009年3月20日に発売された。2008年のリバティーシティが舞台で、主人公は旧ユーゴスラビア人男性のニコ・ベリック。GTAシリーズで初のマルチエンディングを採用した作品でもある。なお、本作はそれ以前の作品とは世界観が異なる為、(一部のファンサービスを除き)ストーリーやキャラクターなどに繋がりは無い。

グランド・セフト・オートV[編集]
詳細は「グランド・セフト・オートV」を参照
2011年10月25日に公式ホームページでタイトルが発表された。北米では2013年9月17日、日本では2013年10月10日にXbox 360、PS3でリリース。『GTAIV』と世界観を共有している。舞台はロスサントス。主人公はマイケル・デサンタ、フランクリン・クリントン、トレバー・フィリップスの3人。GTAシリーズでは初めて複数の主人公が登場している。 その後、2014年11月18日にPS4及びXbox Oneで、2015年4月14日にはPCでも発売された。
引用元:グランド・セフト・オートシリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA