プライベートアイ「探偵」



2013年に公開されたアニメ映画
『名探偵コナン 絶海の?』
探偵
プライベートアイ(答)
52%


次の映画『名探偵コナン』の
副題を公開された順に選びなさい
『時計じかけの摩天楼』   1st
『14番目の標的』   2nd
『世紀末の魔術師』   3rd
『瞳の中の暗殺者』   4th
『天国へのカウントダウン』   5th
『ベイカー街の亡霊』   6th
『迷宮の十字路』   7th
『銀翼の奇術師』   8th
『水平線上の陰謀』   9th
『探偵たちの鎮魂歌』   10th
『紺碧の棺』   11th
『戦慄の楽譜』   12th


次のうち
TVアニメ『名探偵コナン』で
毛利小五郎を演じたことがある
声優を全て選びなさい
山寺宏一
小山力也(答)
神谷明(答)
千葉繁

011GwClkGT
シャーロック・ホームズの宿敵
モリアーティ教授の腹心の部下は
セバスチャン・◯◯◯大佐?
◯を答えなさい
モラン(答)
「セバスチャン・モラン」
Sebastian Moran
引用元:セバスチャン・「モラン」大佐 モリアーティ教授の右腕 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/19367/

『名探偵コナン 絶海の探偵』(めいたんていコナン ぜっかいのプライベート・アイ)は、2013年4月20日に公開された日本のアニメ映画で、劇場版『名探偵コナン』シリーズの17作目にあたる。上映時間は110分。興行収入は36億3000万円[1][2][3][4][5][6][7]。
読売テレビ放送開局55周年記念作品。

沿革[編集]
本作は、第15作『沈黙の15分』以降総監督を務めていた山本泰一郎がアニメシリーズの監督に復帰し[注 1]、静野孔文の初の単独監督作品となった。脚本はテレビドラマ『相棒』や『ATARU』を手がけた櫻井武晴が担当。櫻井がアニメ作品の脚本を担当するのは本作が初である[注 2]。海上自衛隊の新鋭イージス艦を舞台に、偶然居合わせたコナンたちが巨大な陰謀に立ち向かう。劇場版でスパイミステリーをテーマにした作品は初である。なお、劇場版コナン史上初めて自衛隊が登場している。
製作には防衛省・海上自衛隊が全面協力にあたっており、実際のあたご型護衛艦「あたご」をCICに至るまで取材したことで細部まで忠実な描写がなされ、恒例の実写EDでは「あたご」・こんごう型護衛艦「きりしま」・SH-60K哨戒ヘリコプター・舞鶴水中処分隊などが登場した[注 3]。
ゲスト声優は、『名探偵コナン』の大ファンである女優の柴咲コウがイージス艦内の女性自衛官・藤井七海役で出演する[8]。柴咲は次作『異次元の狙撃手』にて劇場版主題歌を担当している[注 4]。
本作の公開と同日に放送されたテレビアニメ『名探偵コナン』の第694話「消えた老舗の和菓子」[9]は、本作のプレストーリーとなっている。本作以降、劇場公開初日にテレビアニメ『名探偵コナン』のエピソードとしてプレストーリーが放送される形式が恒例となる。
引用元:名探偵コナン 絶海の探偵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%B3_%E7%B5%B6%E6%B5%B7%E3%81%AE%E6%8E%A2%E5%81%B5

劇場版「名探偵コナン」シリーズ、17作目となる最新作『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』。本作では海上自衛隊の全面協力の下、迫力の映像が実現した。スペシャルゲストとして出演したのは学生時代からコナン読者という柴咲コウ。ミステリアスな女性自衛官・藤井七海をクールに演じた。約7年ぶりの声優挑戦とは思えない堂々とした演技に原作者の青山剛昌も「かっこいい!」と太鼓判を押すほど。今回が初対面の二人だが、そこはコナンがつなぐ縁。読者ならではのコナンへの思い、作家ならではのこだわりを語った。

Q:柴咲さんが最初にコナンを読んだのはいつごろですか。

柴咲:うろ覚えなのですが、少年サンデーで読んでいました。確かわたしが中学生くらいのときに連載が始まったと思います。もしかしたら、第1話か、その次くらいから読んでいるんじゃないかな。

青山:おお、すごい! 子どもの頃読んでいた人が、今はお父さんになって、子どもと一緒に観ているという人も多いんですよ。

Q:柴咲さんにとって、コナンの魅力とは?

柴咲:完全に読者としての感想でいいですか(笑)。まず、絵がすごく入っていきやすいんです。特徴があって、一目見て覚えやすい。でも、解く謎は一級。テレビドラマで時間をかけて扱うような難事件だったりするから、いつの間にか世界に引き込まれてしまうんです。

青山:べた褒めですね。ありがとうございます。
引用元:『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』柴咲コウ&青山剛昌 単独インタビュー – シネマトゥデイ https://www.cinematoday.jp/interview/A0003661