『ピカロ』


2013年9月に「週刊ビッグ
コミックスピリッツ」で連載を
開始した、実在の事件を題材と
した白瀬透のミステリー漫画は?
チオカサ
ロンバピ
ピカロ(答)
23%

日本を揺るがす「未解決事件」…開幕!
あいつは今も、霧の中だ。
疑問符が渦巻く、昭和史の闇へ。
謎の匿名作家が描く、昭和最大の「未解決事件」!
その真犯人を……追え!

冴えないフリーライター・安住純が迷い込んだのは、
1984年の大阪…!?
バブル前夜の浮かれた時代、その水面下では
今も語り継がれる昭和最大の未解決事件「オギリ・東亜事件」が
着々と計画されつつあった…!
これから起きる事件のことを知っているのは、
犯人と現代からやってきた安住だけ!
果たして、事件の真犯人は誰だったのか?
そして、謎に包まれたその動機は?
真相をスクープすべく、安住の野心に満ちた戦いが始まる…!!
引用元:ピカロ 1 | 小学館 https://www.shogakukan.co.jp/books/09185705

グリコ・森永事件(グリコ・もりながじけん)とは、1984年(昭和59年)と1985年(昭和60年)に、阪神を舞台として食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件。警察庁広域重要指定114号事件。犯人が「かい人21面相」と名乗ったことから、かい人21面相事件などとも呼ぶ。2000年(平成12年)2月13日に愛知青酸入り菓子ばら撒き事件の殺人未遂罪が時効を迎え、全ての事件の公訴時効が成立し、警察庁広域重要指定事件では初の未解決事件となった。

本事件をモチーフとした創作に関する項目
レディ・ジョーカー
笑い男 (攻殻機動隊)
ピカロ – ビッグコミックスピリッツで連載された漫画作品。現代から1984年にタイムスリップした主人公が本事件の真相を追うストーリーだが、企業名は「オギリ・東亜事件」と架空の名称に変更されている。
塩田武士 – 本事件をモチーフとした小説『罪の声』を2016年に刊行。作中での名称は「ギン萬事件」。
引用元:グリコ・森永事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ピカレスク小説(ピカレスクしょうせつ、英: Picaresque novel, 西: Novela picaresca)は、16世紀 – 17世紀のスペインを中心に流行した小説の形式。悪漢小説や悪漢譚、悪者小説とも呼ばれる。
特徴として
一人称の自伝体
エピソードの並列・羅列
下層出身者で社会寄生的存在の主人公
社会批判的、諷刺的性格
を持ち、写実主義的傾向を持った小説を指す。
ただし、実際にはここまで厳格ではなく、いずれかの要素を持った作品が現代ではピカレスク小説と呼ばれる事が多い。
引用元:ピカレスク小説 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%AF%E5%B0%8F%E8%AA%AC