『イキガミ』死亡予告『シゴフミ』死者からの手紙


紙をもらってから24時間後に
死んでしまう死亡予告証が
届けられる世界を描いた
間瀬元朗の漫画は?
ガキフミイ
ゴニロクシ
イキガミ(答)
46%


亡くなった人が大切な人へ宛てた手紙を配達する少女フミカを主人公とする2008年放送のTVアニメは?
シゴフミ(答)

029HmsvsWH
2008年放送のTVあにめ
『シゴフミ』で、主人公・
フミカの死後文配達の
サポートを行う喋る杖は?
チナキ
マミマ
フアコ
カナカ(答)
引用元:「カナカ」 『シゴフミ』フミカを助ける喋る杖 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/22653/

『イキガミ』は、間瀬元朗による日本の漫画、またこれを原作とした映画。『週刊ヤングサンデー』(小学館)2005年9号より不定期で連載を開始。2008年に同誌が休刊となったため、同社発行の『ビッグコミックスピリッツ』誌上へと活動の場を移し、同年41号から同じ不定期方式で再開、以後、2012年10号まで不定期連載された。本作は、作者自身が2004年に『週刊ヤングサンデー』で発表した読み切り作品『リミット』を元にしており、その世界観を広げ、また、新たなる発想を盛り込むことで誕生した。

ストーリー[編集]
「国家繁栄維持法」。この法律は国民に「生命の価値」を再認識させることで国を豊かにすることを目的とし、その手段として若者たちを対象にしたある通知を出している。その通知とは通称「逝紙(イキガミ)」と呼ばれる死亡予告証である。1000分の1の確率で選ばれた者は、紙を貰ってから24時間後には死んでしまう。

登場人物[編集]
主要人物[編集]
藤本 賢吾(ふじもと けんご)
25歳。武蔵川区役所戸籍課勤務の男性公務員。彼は「逝紙配達人」と呼ばれ、逝紙を配る仕事をしている。本人は真面目に仕事に取り組んでいるが、この時世や国繁制度に対してしばしば疑問を抱くこともあり、逝紙を受け取った人物に過度に感情移入してしまうこともある。
一応本作の主人公に当たるキャラクターだが、作品の性質上、狂言回しとしての要素の方が強い。
引用元:イキガミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%82%AC%E3%83%9F

『シゴフミ』は、湯澤友楼原作のメディアミックス作品。2006年から2008年まで電撃文庫(メディアワークス)よりライトノベルが全4巻刊行された。2008年1月から同年3月にかけてテレビアニメが放送されたほか、WEBラジオ『シゴフミ ㊙日報』も配信された。

ストーリー[編集]
想いを残したまま亡くなった人が大切な人へ宛てて書いた手紙「死後文」(シゴフミ)を届ける「死後文配達人」の少女・フミカと、その相棒の喋る杖・カナカ、そして死後文に関わった人たちの姿を描く。
引用元:シゴフミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B4%E3%83%95%E3%83%9F