A-1『黒執事』『ソードアート・オンライン』サンライズ『境界線上のホライゾン』


次のTVアニメを製作会社ごとに
グループ分けしなさい
29%

A-1 Picturesサンライズ
境界線上のホライゾン
黒執事
ソードアート・オンライン

006kVMcwVHFwt
次のTVアニメを製作会社ごとに
グループ分けしなさい

A-1 Picturesサンライズ
男子高校生の日常
ラブライブ!
黒執事
アクセル・ワールド

引用元:TVアニメと製作会社 A-1 Pictures『黒執事』 サンライズ『男子高校生の日常』『ラブライブ!』『アクセル・ワールド』 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/2801/

株式会社A-1 Pictures(エー・ワン・ピクチャーズ、略称: A1P)は、日本のアニメ制作会社[1]。アニプレックスの100%子会社。日本動画協会正会員。

概要[編集]
アニプレックスが、アニメコンテンツ供給の安定化を目的に、2005年に設立したアニメ制作会社である。
2006年にノーサイドと共同制作した『ぜんまいざむらい』より元請制作を開始し、同年10月には東京都杉並区に本社兼阿佐ヶ谷スタジオを設立。2007年に制作した『おおきく振りかぶって』より自社単独での元請制作を開始した。2012年には高円寺スタジオが稼動開始した。

本社が手掛ける作品は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』や『心が叫びたがってるんだ。』、『ソードアート・オンライン』、『おおきく振りかぶって』など、埼玉県を舞台とする作品が比較的多い。その所以で、埼玉県西部と東京都を走る西武鉄道と同社の作品はコラボしやすい。『あの花』や『ここさけ』に限らず、西武線沿線の大泉学園を舞台とする『四月は君の嘘』ともコラボを実施している。
引用元:A-1 Pictures – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/A-1_Pictures

株式会社サンライズ(英: SUNRISE Inc.)は、バンダイナムコグループのアニメ制作会社。日本動画協会正会員。

2000年代[編集]
2007年にバンダイが旧ナムコ(以下、「旧」は省略)と経営統合、バンダイナムコグループを作ったことでナムコ系テレビゲーム作品とのタイアップが増える。一例としては『THE IDOLM@STER』を原案とした『アイドルマスター XENOGLOSSIA』が制作された。また、2008年には同じくナムコの『テイルズ オブ ジ アビス』のアニメ版の制作も行なっている。なお、かつての主軸でもあった玩具をメインとしたコンテンツとのタイアップ作品は、2004年の『陰陽大戦記』以降は激減。ガンダム以外のオリジナルロボット作品についても『コードギアス』シリーズや『ゼーガペイン』など、少数に留まる。(ただしこの2作については初動から10年経過した2010年代でも適宜シリーズの展開が続いている)
2010年代[編集]
この年代には自社参加・読者参加企画発祥のメディアミックス作品『ラブライブ!』が大ヒットを飛ばした事を筆頭に、以前よりも更に様々なジャンルの作品を手がける様になった。
ゲームを主軸とした企画とのタイアップ作品 – 『バトルスピリッツ』シリーズ、『アイカツ!』など
コミック原作作品 – 『銀魂』など
非コミック原作作品 – 『境界線上のホライゾン』・『アクセル・ワールド』(ライトノベル原作)など
2015年4月1日、キッズ・ファミリー向け作品などの一部の制作部門を分社した株式会社バンダイナムコピクチャーズが設立。(事前発表は同年2月12日)社長はサンライズ社長の宮河恭夫が兼任する。以降、サンライズはハイターゲット向けの作品を中心とした制作体制に特化することとなる。
2016年9月、サンライズ内部で独自に立ち上げた非映像系オリジナル作品(主に小説)を発信するwebサイト「矢立文庫」をスタート。
引用元:サンライズ (アニメ制作会社) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E4%BC%9A%E7%A4%BE)