チャクリキ「借力」



極真空手のヒントになったとも
いわれる、大陸に伝わる武術
借力
チャクリキ(答)
47%



梶原一騎原作の漫画
『空手バカ一代』の主人公で
「ゴッドハンド」の異名をもつ
実在した人物は大山倍達ですが

その大山倍達をモデルとした
同じく梶原一騎原作の漫画
『新カラテ地獄変』の主人公は?
源大原山北
金倍徹達東
大東徹源(答)

借力(ちゃくりき、韓国語 차륰、차력)とは、朝鮮半島に古くから伝わるという鍛錬法、武術。

概要[編集]
朝鮮半島の道士に古くから伝わってきた鍛錬法である。
「借力」とは、朝鮮半島の仙道(国仙道)独自の特殊な概念で、神の力や薬の力を「借りて」、超自然的な力を行使したり、身体を強壮にするというものである[1]。中国の仙道にはこのような概念は無い。
また、仙道研究家の高藤聡一郎は、韓国伝統式の硬気功のこととしている[2]。
借力を現代風に整理した力抜山によると、借力の「借」には「借りる」の他に「助ける」という意味があるという。自然の力を借りたり、呼吸法を使って体を鍛えて超人となる事を主眼としており、道師の護身の為に武術が生まれたとしている。
道教の仙人のように、修行によって超能力を得る事が可能としており、過去には予知や「縮地法」(一瞬で長距離を移動する。瞬間移動の一種。)等を身に着けた者がいたという。奇門遁甲と共通の術もあるという。
極真空手の大山倍達も学んだことで有名であり、漫画「ゴッドハンド」等にも出てくる。ブランコ・シカティックやピーター・アーツを輩出したオランダのキックボクシングジム「ドージョー・チャクリキ」の名前は大山倍達の借力修行から来ている。
引用元:借力 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%9F%E5%8A%9B

『新カラテ地獄変』(しんカラテじごくへん)は、梶原一騎原作・中城健作画の漫画。1990年にOVAが全2巻で発売されている。

概要[編集]
『週刊サンケイ』にて1978年から1982年まで連載、同年に続編の『正編カラテ地獄変』が執筆されるが、梶原が逮捕されたことにより連載中止となった。コミック誌発売にあたっては影丸譲也の作画にて話を続け、牙直人のシリーズに引き継ぐ場面で完結している。
『新・ボディガード牙 / カラテ地獄変』の後を受けて、それまで牙の師匠として登場してきた大東徹源がいかにして最強空手である大東流空手を創始するに至ったかを描く。その内容は荀子の言葉であるとされる「人間の性悪なり」をテーマに、この世の人間がどれだけ悪かを証明するために世界中を回って悪人と出会うというもの。その被害者は気高く美しい女性であり、悪人はみな拷問好き。主人公である大東徹源はこれら悪人を倒すのだが、それはいつもことがすんだ後ですでに手遅れになっており、被害者たちは悲惨な目に逢わされる。
この作品はそれまでの梶原作品の純愛主義が崩れ、梶原の性的嗜好・女性嫌悪が前面に押し出されたものとなっている。
引用元:新カラテ地獄変 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%86%E5%9C%B0%E7%8D%84%E5%A4%89