カトキハジメ『ケロロ軍曹』『ガンダムセンチネル』


メカデザイナー
『ケロロ軍曹』に絵コンテで参加
『ガンダムセンチネル』で有名に
『GUNDAM FIX FIGURAION』
河森正治
大河原邦男
カトキハジメ(答)
出渕裕
45%


メカデザイナー
スタジオぬえ所属
バルキリーのデザインが話題に
創聖のアクエリオン
河森正治(答)

連想
メカデザイナー
『勇者』シリーズ
『タイムボカン』シリーズ
『ガンダム』シリーズ
大河原邦男(答)

連想
デザイナー、イラストレーター
『闘将ダイモス』でデビュー
特撮番組の怪人を多数デザイン
『ラーゼフォン』で初監督
出渕裕(答)

連想
メカデザイナー
『マクロスf』
『機巧奇傳ヒヲウ戦記』
『機動戦士ガンダムx』
石垣純哉(答)

連想
メカデザイナー
『アルジェントソーマ』
『機動戦士ガンダムSEED』
『カウボーイビバップ』
山根公利(答)

連想
メカデザイナー
スタジオ「ぬえ」所属
巨大な戦艦を数多く手がける
『聖戦士ダンバイン』
宮武一貴(答)

連想
メカデザイナー
『キディ・グレイド』
『フルメタル・パニック』
『機動戦士ガンダム00』
海老川兼武(答)

カトキ ハジメ(1963年12月3日 – ) は、アニメ、ゲーム、玩具などを中心に手がける日本のメカニックデザイナー、イラストレーター、元同人作家。埼玉県出身。

デビュー当時の名は かとき すなを 後に かとき はじめ 。同人作家時代は本名の 加藤 一 の表記もみられた。メジャーデビュー作の『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』発売のタイミングより片仮名の カトキ ハジメ 表記にしている。
模型雑誌モデルグラフィックス連載企画『ガンダム・センチネル』のメカニックデザインで一躍脚光を浴びる。その後も「機動戦士ガンダムシリーズ」のメカデザイン、二次創作(リファイン版、通称“カトキ版”)、同シリーズのプラモデル(ガンプラ)のコンセプトデザインを担当するなど、「機動戦士ガンダムシリーズ」に関わる事が多い。

>仕事はメカニックデザインが中心ではあるが、『ガンダム・センチネル』などで、キャラクターデザインも手がけることがある。CG作品集『GUNDAM FIX』などイラストレーターとしてもいくつかの誌面イラストレーションやパッケージアートを手がけているほか、『GUNDAM FIX』から派生した塗装済完成品フィギュアシリーズ『GUNDAM FIX FIGURATION』の監修・プロデュースを担当するなど、アニメーションのメカデザイナーの枠だけには収まらない、多彩な活動を行っている。2013年には短編映画オムニバス作品『SHORT PEACE』の中の一編『武器よさらば』で初めて映像作品の監督を務めた。また、2014年7月から上映・発売された『ガールズ&パンツァー』OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」に、絵コンテで参加している。
引用元:カトキハジメ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%8F%E3%82%B8%E3%83%A1

河森 正治(かわもり しょうじ、1960年2月20日 – )は、日本のメカニックデザイナー、アニメーション監督・演出家。富山県東礪波郡(現南砺市)生まれ。宇宙作家クラブ会員。サテライト所属。
代表作に「マクロスシリーズ」「アクエリオンシリーズ」など。ゲーム・玩具など様々な分野でも活動しており、総合的な役職としてビジョンクリエイターと名乗っている。
引用元:河森正治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E6%A3%AE%E6%AD%A3%E6%B2%BB

大河原 邦男(おおかわら くにお、 1947年12月26日(69歳) – )は、アニメーション作品における日本最初の専門メカニックデザイナー。『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのデザインで知られる。東京都稲城市出身[1]。息子はアニメーターの大河原烈[要出典]。
苗字はよく「おおがわら」と発音や表記をされることがあるが、自筆イラストに入れられるサインは「K.Okawara」である[2]。
引用元:大河原邦男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E5%8E%9F%E9%82%A6%E7%94%B7

出渕裕(いづぶち ゆたか)とは、日本のイラストレーター、アニメ関係のデザイナーである。

概要
アニメ作品や特撮作品のメカニックデザイン、キャラクターデザインなどのデザインワークを多く担当している。メカニックデザインの代表的な作品はスーパー戦隊シリーズ、平成仮面ライダーシリーズ、機動警察パトレイバーシリーズ、機動戦士ガンダムシリーズ、聖戦士ダンバインなど。

同時に代表作とは言いがたいが、当時は未だに人気作品であった宇宙戦艦ヤマト。そのTVシリーズ第三期『宇宙戦艦ヤマトIII』で北米地区探査戦艦「アリゾナ」のデザインも担当している。「アリゾナ」のデザインはファンの中で地味に根強い人気がある。

劇場用長編映画『宇宙戦艦ヤマト完結編』ではディンギル軍メカニックデザインを担当した。

アニメ『ラーゼフォン』で初めてアニメ監督を務め、『宇宙戦艦ヤマト2199』は総監督に就任した。
引用元:出渕裕とは (イヅブチユタカとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%87%BA%E6%B8%95%E8%A3%95