ウルトラマンヒカリ『メビウス』アグル『ガイア』


特撮番組『ウルトラマン
メビウス』で、セリザワ・カズヤ
が変身する青いウルトラマンは
ウルトラマン◯◯◯?
ネオリ
ヒカア
ガグル
ヒカリ(答)
50%


次のウルトラ兄弟を
『ウルトラマンメビウス』の
TVシリーズで、メビウスと
ともに戦った順に選びなさい
ウルトラマンタロウ 24『復活のヤプール』
ウルトラマンレオ 34『故郷(ふるさと)のない男』
ウルトラマン80 41『思い出の先生』
ウルトラマンエース 44『エースの願い』
ウルトラマンジャック 45『デスレムのたくらみ』
ウルトラセブン 46『不死身のグローザム』
初代ウルトラマン 47『メフィラスの遊戯』


CREW GUYSのヒビノ・ミライが
変身する、2006年放送の特撮番組
は『ウルトラマン◯◯◯◯』?
メッサル
コスクラ
ネビモス
メビウス(答)


DASHの隊員トウマ・カイトが
変身する、2005年放送の特撮番組
は『ウルトラマン◯◯◯◯』?
メッウン
コスクル
ネビサラ
マックス(答)
引用元:ヒビノ・ミライ「メビウス」トウマ・カイト「マックス」春野ムサシ「コスモス」 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/35521/

ウルトラマンヒカリ
うるとらまんひかり

ウルトラマンメビウスに登場するウルトラマンの一人。

概要

ウルトラシリーズ40周年作品「ウルトラマンメビウス」に登場したウルトラマンの1人。Web配信された外伝「ヒカリサーガ」では主人公を務める。

「ブルー族」と呼ばれる青い体を持つウルトラマンで、M78世界観では初となる青いウルトラマンである(一応児童誌などでは存在が示唆されていたようだが)。

オールマイティなシルバー族、格闘向きなレッド族と種族において大体の得意分野がある中、ブルー族は研究など頭脳労働に向いているとされる。ただし種族によって職種が決められるわけではなく(例えば映画『ウルトラ銀河伝説』ではちらっとではあるがブルー族の宇宙警備隊候補生が確認できる)、ヒカリの場合は文武両道である。
引用元:ウルトラマンヒカリ (うるとらまんひかり)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%92%E3%82%AB%E3%83%AA

ウルトラマンアグル
うるとらまんあぐる

ウルトラマンアグルとはウルトラマンガイアに登場する青いウルトラマンである。

概要

藤宮博也が変身する青い巨人。
「プロノーン・カラモス」というアルケミースターズの未確認粒子観測センサーでの実験中に出逢った海の青い光により変身能力を得た。変身には専用ブレスレット「アグレイター」を用いる。

正式に名前が出たのは第16話でそれまでは単に「青い巨人」や「青いウルトラマン」と呼ばれていた。最初に名前が出たのはパソコンのコンソール画面に表示された「AGUL」のローマ字から。
「アグル」という語自体は造語で、「agressive(=攻撃的な)」「agreement(=同意・承諾・契約・協定)」「悪」を掛けている。

ウルトラマンシリーズでは初となる青のウルトラマン。フォームチェンジ以外での最初からの体色である。2号ライダー的設定や容姿、いままでのウルトラマンになかったクールな感じが人気を博し、本来のメインターゲット層の子ども達以外からの支持をも得るに至った。
引用元:ウルトラマンアグル (うるとらまんあぐる)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AB

【客演】

過去に地球を訪れたM78星雲のウルトラマン達が客演。
それぞれの個性や経験を生かした活躍や助言を見せ、ファンサービスした。

未熟であるメビウスが偉大な先輩達から何かを学ぶ過程も、本作の醍醐味の一つ。

ウルトラマンタロウ
24話と29話、30話に登場。
メビウスの教官。
インペライザー襲来の折りに帰還を促されたメビウスの代わりに地球を守るべく駆け付け、インペライザーに瀕死に追い込まれたメビウスを危機一髪で助けた。
東光太郎を演じた篠田三郎が「タロウは自分の若き頃の思い出に留めておきたい」という強い意思を示した為、唯一人間体の登場が実現できなかった。

ウルトラマンレオ
34話にて、おおとりゲンを演じた真夏竜が出演。
かつての師匠であるセブンのようにメビウスを叩きのめし、鍛える。
劇場版を除けば、最初に人間体が客演したウルトラマンである。

ウルトラマン80
41話にて、矢的猛を演じた長谷川初範が出演。
『80』本編で別れた生徒達と…

ウルトラマンエース
44話と50話、そして劇場版にて、北斗星司を演じた高峰圭二が出演。
とある薄らバカから受けた理不尽な仕打ちによって傷心状態になったミライに、例え裏切られようとも優しさは失ってはいけないと説く。
そして『A』本編で別れた夕子と…

ウルトラマンジャック
45話と50話、そして劇場版にて、郷秀樹を演じた団 時朗が出演。
人間不信になりかけたミライに、人間を愛する為には人間の悪い一面も知る必要があると説く。
放送当時のスーツアクターのきくち英一が「ウルトラマンが…帰ってきた」と言う市民役でゲスト出演。
様々な名前があるのは公式サイトでも触れられており、本作の設定では「地球人はジャックの名を知らないためウルトラマンとしか呼ばれない」とされている。

ウルトラセブン
46話と50話、そして劇場版にて、モロボシ・ダンを演じた森次晃嗣が出演。
人間達の協力があるからこそ、ウルトラマンが戦えるのだと説いた上で、かつて自分が経験した悲劇を繰り返さない為にも、GUYSの仲間達を大事にするように励ます。

ウルトラマン
47話と50話、そして劇場版にて、ハヤタ・シンを演じた黒部進が出演。
「最後まで諦めずに不可能を可能にする」というウルトラマンとしての在り方を説き、メビウスとGUYSメンバー達に地球の命運を託す。

ゾフィー
円盤群を相手に堂々たる強さを見せる。
最終決戦で意外な活躍が…

アストラ
ユリアン
ウルトラの父
ウルトラの母
引用元:ウルトラマンメビウス(作品) – アニヲタWiki(仮) – アットウィキ https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/?cmd=word&word=%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%93%E3%82%A6%E3%82%B9&type=&pageid=5912