「セレソン」(ポルトガル語で代表者)「ノブレス携帯」(noblesse oblige)『東のエデン』

155WVKrMVLJBa
アニメ『東のエデン』で
日本を正しき方向へ導く義務が
課せられた12人の人間を
何という?
スュソノイ
セブレジン
→セレソン

ですが
セレソンだけが持つ、
100億円の電子マネーが
チャージされている携帯電話は
「〇〇〇〇携帯」?
→ノブレス

『東のエデン』(ひがしのエデン、英語: Eden of The East)は、2009年4月より6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠で放送されたテレビアニメ。
>2010年11月22日 月曜日、日本各地に10発のミサイルが落下した。『迂闊な月曜日』と呼ばれたこの事件は、奇跡的に1人の犠牲者も出なかったこともあり、人々は次第に危機意識を失っていった。それから3ヶ月後、11発目のミサイルが旅客機を直撃した。
その頃、大学卒業旅行でホワイトハウスを訪れていた森美 咲は、滝沢 朗と名乗る同い年の男性にトラブルを救われる。滝沢は記憶を失っており、全裸姿であったが、82億円の電子マネーが入った風変わりな携帯電話(ノブレス携帯)を手にしていた。咲と共に日本に帰国した滝沢は直ちに自分が何者かを探り始める。現状と将来に悩んでいた咲は、滝沢に振り回されながらも次第に心惹かれるようになる。
間もなく滝沢は自分がセレソンゲームに参加させられている12人のうちの1人(セレソン)だと知る。100億円を好きなように使って閉塞感漂う日本を救うことを課せられ、最初にゴールした1人以外は「サポーター」により死がもたらされるという。
引用元: 東のエデン – Wikipedia.

元々ポルトガル語でセレソンは代表の意味です
日本でも単純に日本代表といえばまず思い浮かべるのはサッカー日本代表だと思いますよ
引用元: サッカーブラジル代表は、なぜセレソンと呼ばれるのですか? – Yahoo!知恵袋.

ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige[† 1])とは、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す。
oblige は、動詞 obliger の三人称単数現在形で、目的語を伴わない絶対用法である。名詞ではない。英語では、フランス語の綴りをそのまま英語風に読んだり[† 2][† 3]、英訳・名詞化して noble obligation[† 4][† 5] とも言う。
引用元: ノブレス・オブリージュ – Wikipedia.

神山健治監督が語るオリジナルアニメ『東のエデン』ができるまで | 公開授業 著名人の特別講義 | 研究・社会連携 | デジタルハリウッド大学【DHU】.

アニメが「命を吹き込んだ」――未来の“N”端末「ノブレス携帯」誕生の秘密 (1/2) – ITmedia Mobile.