「教師」ウルトラマン80


次の特撮ヒーローを
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい
-%

教師科学者
ウルトラマン80
メがシルバー
ブルードルフィン

「ウルトラマン80」(― エイティ)とは、1980年4月2日から1981年3月25日までの間TBS系列にて「ウルトラマンレオ」以来5年振りに制作・TV放送されたウルトラシリーズの1作、および劇中に登場する主人公のウルトラマンの名前である。

見てください、この子供たちを。
このまま育てば怪獣になってしまうような子供もいるんです。
僕は怪獣の根本を叩き潰したいんです。
僕は怪獣と戦うのと同じ様な気持ちで先生になったんです。

前年に放映された初のアニメ版ウルトラマン「ザ☆ウルトラマン」で築き上げた成果を元に、更なる原点回帰と実写作品を要望された事からスタートした。
シルエットや変身アイテムは初代ウルトラマンを踏襲しながら、当時「熱中時代」や「3年B組金八先生」のブームだったことから、TV局側からのプッシュもあって、ウルトラマン=先生という構図が誕生することになった。一見、作品を崩壊させかねない設定を、人間の負の気持ちから発生するマイナスエネルギーによって怪獣が現れるという設定を導きだして、主人公は怪獣の出現の根本となる人間とその心に”教師として”対するという新機軸を生み出してオリジナリティあふれる魅力的な世界を構築した。

※なお「ウルトラマン80」と言う名前は、1980年年代の新たなウルトラマンと言う意味をこめたものである。
 決して放送が1980年だったからと言う安直な理由ではない・・・多分
引用元:ウルトラマン80とは (ウルトラマンエイティとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B380

早川裕作とは、スーパー戦隊シリーズ第21作「電磁戦隊メガレンジャー」の登場人物。
今作における追加戦士・メガシルバーに変身する。

演:金井茂(現:金井シゲル)

【人物】

I.N.E.T『スペースメガプロジェクト』特別開発班チーフであり、天才エンジニアと呼ばれる青年。
性格はお気楽なほど明るく豪快で、自転車を滑らせて野菜を落としてしまった健太を手伝ったり、訓練に励む耕一郎にアドバイスしたり、全員集合時のミーティングに割り込んだり、色々とおせっかい焼きな面が強い。
五人の前で 「何が起ころうと心配することはない」 と兄貴風を吹かせており、当初健太らは自分たちの正体を知っている彼をネジレジアではないのか?と疑ったが最終的に頼れる兄貴分として認めている。
料理が得意で実はカナヅチという意外な一面もある。
引用元:メガシルバー/早川裕作 – アニヲタWiki(仮) – アットウィキ https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/22990.html

◇ブルードルフィン/岬めぐみ(みさき めぐみ)
科学アカデミアでもトップクラスの成績を誇る才色兼備。
冷静かつしっかり者で優しい紅一点で、メンバーのまとめ役となっている。
ただ少々キツイ所があるのが玉にキズ。
又、時折無茶をすることもある。
水泳、縄跳びが得意で、自転車のロードレースの選手でもある。
シリーズ初のブルーヒロイン。細かいことだが、後のブルーヒロインたちのスーツがどちらかというと 水色 なのに対して彼女のスーツは 青色 である。
引用元:超獣戦隊ライブマン – アニヲタWiki(仮) – アットウィキ https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/9332.html