『イナズマイレブン』 『ダンボール戦機』 『妖怪ウォッチ』 『スナックワールド』


次のレベルファイブの
クロスメディア作品を
TVアニメ化された順に
選びなさい
『イナズマイレブン』
『ダンボール戦機』
『妖怪ウォッチ』
『スナックワールド』
-%

レベルファイブ原作コンテンツの海外クロスメディア展開を専門とする
新会社「LEVEL-5 abby Inc.」設立のお知らせ

株式会社レベルファイブ(本社:福岡市中央区、代表取締役社長/CEO:日野晃博)と、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井直)は、レベルファイブ原作コンテンツの海外クロスメディア展開を専門とする新会社「LEVEL-5 abby Inc.」を設立致しました。

LEVEL-5 abby とは?

世界中の子供から大人まで多くのゲーム・アニメファンに、至高のエンターテイメントを提供したいという思いのもと、今年8月米国サンタモニカに設立。レベルファイブが得意とするクロスメディア戦略を用いて世界市場にチャレンジします。まずその第一弾として、現在国内で大ヒット中の「妖怪ウォッチ」、そして「ダンボール戦機」や「スナックワールド」を、アニメ、おもちゃ、漫画、音楽、ライブショー等々、様々な形で皆さまに最大限楽しんで頂く事業を、北米を中心とする西欧諸国にて展開していきます。

社名について
『abby』 の a は「all」「anything」、bby は「hobby」からの複合造語で、すべてのホビーを統括するという意味。そして、皆さまから「アビー!」と気軽に呼んでいただきたいという思いを込めました。
引用元:お知らせ|株式会社レベルファイブ http://www.level5.co.jp/news/20151001/

『イナズマイレブン』は、ニンテンドーDS用サッカーRPG『イナズマイレブン』シリーズを原作とする日本のテレビアニメ作品。

>放送期間 2008年10月5日 – 2011年4月27日
引用元:イナズマイレブン (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%B3_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

『ダンボール戦機』(ダンボールせんき)は、レベルファイブからPlayStation Portable用ソフトとして発売されたプラモクラフトRPG。また、これを原作にしたアニメ、プラモデル、漫画、カードゲームなどのメディアミックス作品。
ここでは、続編やメディアミックス作品なども含めたシリーズ全般についてもとり上げる。

アニメ:ダンボール戦機(第1期)
ダンボール戦機W(第2期)
ダンボール戦機WARS(第3期)
原作 日野晃博
監督 高橋ナオヒト
シリーズ構成 冨岡淳広
キャラクターデザイン 西村博之、大橋俊明(第3期)
音楽 近藤嶺
アニメーション制作 OLM TEAM INOUE
製作 テレビ東京、電通、OLM
放送局 テレビ東京系列
放送期間 第1期:2011年3月2日 – 2012年1月11日
第2期:2012年1月18日 – 2013年3月20日
第3期:2013年4月3日 – 12月25日
話数 第1期:全44話 / 第2期:全58話
第3期:全37話 / シリーズ通算:全139話

アニメ[編集]
テレビ東京系列にて、『ダンボール戦機』のタイトルで2011年3月2日から2012年1月11日まで、第2期は『ダンボール戦機W』(ダンボールせんきダブル)のタイトルで2012年1月18日から2013年3月20日まで放送された。第3期は『ダンボール戦機WARS』(ダンボールせんきウォーズ)のタイトルで[注釈 48]2013年4月3日から12月25日まで放送された(同年7月24日から12月25日までは『アニ×アニ!』に内包)。制作スタッフがほぼ同一のため、ここでは3つのアニメ作品を併せて記述する。
『イナズマイレブン』を30分繰り上げる形での放送体制となり、水曜19時台はレベルファイブ原作のアニメが2本続けて放送されている。これに伴い、水曜19時放送の『毎日かあさん』は1ヶ月休止の上で4月から日曜17時30分枠へと移動した。また、本作の制作に伴い新たにオー・エル・エムの制作チームとして井上たかし率いるTEAM INOUEの初製作作品である。また開設を機に、日野晃博は「レベルファイブタイム」と名づけた[18]。アニメ放送に先駆け、両作品の主人公・円堂守と山野バンが共演する番宣スポットが放送された。

引用元:ダンボール戦機 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%88%A6%E6%A9%9F

『妖怪ウォッチ』(ようかいウォッチ)は、レベルファイブより発売されているゲームソフト『妖怪ウォッチ』シリーズを原作とする日本のテレビアニメ。

番組構成[編集]
テレビ東京系列にて2014年1月8日(水曜日)より放送が始まり、テレビ東京系列では3ヶ月後の同年4月4日(金曜日)より金曜18時台に移動、現在に至る。ナレーションは第76話まで京田尚子が担当し、第77話以降はウィスパー役の関智一が担当する[注 1]。
バトル色が濃厚なゲーム(原作)とは異なり、小学生の日常をウォッチングした、コメディ色が濃厚なギャグアニメとなっている[1][2]。
本編は、基本的に三本立てで構成されている。第1話~第76話の内容は、ケータを主人公とする「ケータ&ウィスパー編」と、ジバニャンやコマさん兄弟などレギュラー妖怪を主人公とする「番外編」の2種類が基本構成であった。第77話以後の内容は、上記の内容に加え、「イナホ&USAピョン編」を入れた3種類が基本構成になっている。
引用元:妖怪ウォッチ (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%96%E6%80%AA%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

『スナックワールド』(THE SNACK WORLD)は、レベルファイブによるスマートフォンおよびニンテンドー3DS用ゲーム、およびそれを中心としたメディアミックスコンテンツ。
ニンテンドー3DS版『スナックワールド トレジャラーズ』は2017年7月13日[1][2]、スマートフォン版は2018年[3]にリリース予定。

テレビアニメ[編集]
2017年4月13日[7]よりテレビ東京系列全6局にて放送。全編フル3DCGアニメーションとして制作される。

故郷の村を滅ぼされ、家族を失った少年チャップが、宿敵ビネガー・カーンの城を目指し復讐を果たすべく、王様や人々の依頼を受けて宝物探しやモンスター退治といった試練をこなしつつ冒険の旅をする。
引用元:スナックワールド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89