佐藤、中野攻、永井圭『亜人』


次の漫画『亜人』の
登場人物のうち、「亜人」である
キャラクターを全て選びなさい
戸崎優
佐藤(答)
永井彗理子
-%


引用元:ファイル:亜人の人物相関図.jpg | 亜人 Wiki | Fandom powered by Wikia http://ja.ajin.wikia.com/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E4%BA%9C%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E7%9B%B8%E9%96%A2%E5%9B%B3.jpg

『亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(講談社)にて、23号(2012年7月6日発売)から連載中。
単行本1巻までは「作画:桜井画門、原作者:三浦追儺」とされていたが2巻より桜井単独の名義となる。桜井は自身のブログで2巻からは全て自らが作っていると明かしているが原作者が半ばで降りたわけについては語っていない。
2015年に劇場3部作としてアニメ化され[1]、2015年から2016年までにかけ3部上映。2016年にはテレビアニメが分割2クールにて全26話放送。2017年には実写映画化予定[2]。

あらすじ[編集]
17年前のアフリカにおける戦場で死ぬことがない新生物「亜人」が確かめられた。世界は大きな騒ぎに包まれたが、死なないことを除けば人間と変わらないことが明らかになると人の心に止められることはなくなった。
初夏、友達と下校中だった少年永井圭は、交通事故に遭い轢死するが、すぐに生き返った。永井圭は亜人であった。敢え無く政府に追われる身となった圭は、親の影響で遠ざかっていた幼馴染の海斗を頼り逃げる。ひるがえり戸崎を始めとする政府機関の集団と、「帽子」と呼ばれる謎の男である佐藤が、亜人の田中と共に圭に近付こうと試みる。やがて圭は、海斗と別れて佐藤に近付く。
圭は「静かな生活を送ろう」という佐藤に心を許しかけるが、佐藤の手によって戸崎の所属する厚生労働省に差し出されてしまう。そして厚労省の暗部で行われていたのは、亜人へのむごい虐待実験だった。圭はそこで、幾たび殺されても死ねないことによる地獄を見る。10日後、佐藤たちが亜人研究所に乗り込み、圭を救う。しかしその過程で圭の非情な、そして佐藤の残忍な本性が露わになり、圭は佐藤との戦いの末に別れて研究所から逃れた。
圭が逃れた後に、佐藤は独自の方法で政府未確認の亜人達と合流。そこで佐藤は人の大量虐殺を行うと宣言。これを否んだ亜人はことごとく佐藤に囚われたが、中野攻のみ佐藤から逃げ延びる。中野は佐藤を止めるべく田舎で穏やかさを取り戻した圭と出会い、助けを求めるが圭にその心はなく、逆に穏やかさを妨げる者として囚われてしまう。その間に佐藤は、亜人実験に加わったグラント製薬の建物を襲うことを予告し、ビルに向けて飛行機を墜落させる。さらに、佐藤捕獲に動いたSAT50人を全て滅ぼして、世間を震撼させる。
佐藤の凶行で圭の立場も危うくなり、いよいよ田舎の人達にも亜人であることが知られてしまい、渋々ながら佐藤を止めることを決め、中野と共に戸崎の元に向かう。そして、戸崎を頭とした佐藤対策班は、佐藤が暗殺すると予告した人の企業に身を寄せ、佐藤による襲撃に備える。
引用元:亜人 (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%9C%E4%BA%BA_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)