『光路郎』『妹先生 渚』


アメリカからやってきた
金髪の英語教師を主人公とした
村枝賢一の漫画は?
一先妹路
郎徒生光
光路郎(答)
25%


アメリカからやってきた
金髪の英語教師を主人公とした
村枝賢一の漫画は
『光路郎』

ですが
『光路郎』に登場した主人公の妹・渚を主人公とした漫画は『◯◯◯ 渚』?
妹先生(答)

『光路郎』(こうじろう)は、村枝賢一による日本の漫画。『週刊少年サンデー増刊号』(小学館)において、1989年11月号から1993年2月号にかけて連載された。全40話。単行本は全7巻が小学館から刊行された。
『ゲッサン』(同)にて2010年5月号より2014年5月号にかけて、続編『妹先生 渚』が連載された。
戦後の状況を背景にしたアメリカと日本の関係、そこから導かれる家族愛を主要なテーマに据えつつ、高校生や思春期の子供の心身の成長と、教師や大人それぞれの立場での葛藤を、等身大で描いている。

>ストーリー[編集]
アメリカからやって来た金髪の日米ハーフの光路郎が、妹の渚が通う高校に英語教諭として赴任する。光路郎と渚の父親は、渚が生まれる前にアメリカに渡っており、アメリカに渡った直後に渚の母親は亡くなっていた。このことから、渚は英語・金髪に強いコンプレックスを持っており、光路郎を「お兄ちゃん」と呼ぶことに抵抗を感じていた。しかし、光路郎やクラスメートとの交流を通じて、コンプレックスを少しずつ克服していく。そして、父親が渚の母親と別れ、光路郎を連れてアメリカに渡った理由を確かめるため、父親に会いに光路郎と共にアメリカへ旅立つ。
引用元:光路郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E8%B7%AF%E9%83%8E

『妹先生 渚』(いもうとせんせい なぎさ)は、村枝賢一による日本の漫画。『ゲッサン』(小学館)にて2010年5月号より2014年5月号にかけて連載された。単行本は全5巻が小学館から刊行された。『週刊少年サンデー増刊号』(同)において、1989年11月号から1993年2月号にかけて連載された『光路郎』の続編となっている。

>ストーリー[編集]
海の見える町にある、坂上町高校。そこに「妹先生」と呼ばれる教師、川越渚がいた。まだまだ駆け出しで失敗も多いが、「生徒と教師」ではなく対等な立場として生徒一人一人に熱心に向かい合うその姿が、周囲の人間によい変化を与えていく。
引用元:妹先生 渚 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%B9%E5%85%88%E7%94%9F_%E6%B8%9A


内容紹介
小学館文庫「光路郎」第1巻
海と山を臨む田舎町の高校に、サーフボード片手の外国人教師がやってきた。その名もオハラ光路郎!
サーフィンで登校したり、授業そっちのけで遊んだりと、生徒や町のみんなを巻き込んでの大騒ぎ!
今日も、光路郎のいるところ何かが起こる!?
引用元:光路郎 1 – 小学館コミック http://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784091930576


内容紹介
村枝賢一が描く、新たな熱血教師物語!!
熱血教師物語『光路郎』から20数年――
村枝賢一が現代の教室に挑む
新たな「サムライ」教師が誕生!
時を超えた“破天荒”の血脈が再び教壇に!!
引用元:妹先生 渚 1 – 小学館コミック http://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784091235831