『スーパーロボット大戦』『ヒーロー戦記』バンプレスト



次のうち
バンプレストから発売された
ゲームを全て選びなさい
『スーパーロボット大戦』(答)
『ヒーロー戦記』(答)
『サンライズ英雄譚』
『新世紀勇者大戦』
『機甲武装Gブレイカー』
45%

「スーパーロボット大戦シリーズ」(スーパーロボットたいせんシリーズ、英語: Super Robot Taisen, Super Robot Wars)は、バンダイナムコエンターテインメントが販売している家庭用コンピュータゲームのシリーズ。略称・通称はスパロボ、SRW。
二十数年続くシリーズであり、発売元となる企業は合併などで幾度も名称を変えている。初作から2007年度まではバンプレスト(旧法人)。その後「バンダイナムコゲームス バンプレストレーベル」→「バンダイナムコゲームス」→「バンダイナムコエンターテインメント」となる(法人格そのものは継承され続けている。開発会社などの推移など、より詳しくは#シリーズの歴史を参照)。これ以降は発売当時の企業名で記載し、“ 現・~”の記述は省略した。
基本的に日本国内でのみ販売されている(#日本国外を参照)。
引用元:スーパーロボット大戦シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%A4%A7%E6%88%A6%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

ヒーロー戦記とは、バンプレストからスーパーファミコンで発売されたゲームである。開発はウィンキーソフト。

正式名称は『ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』。

概要
バンプレストお得意のヒーロー大集合、いわゆる『コンパチヒーロー』ゲーム。その歴史の中でも初期に作られた純粋なRPG。

ガンダム、仮面ライダー、ウルトラマンの3本柱が中心となって物語が展開される。基本的にはアムロ・レイ、南光太郎、モロボシ・ダンの3人が中心となって話が進むが、ゲスト参戦・ストーリーに関わる人物として登場するキャラクターも多い。ゲーム中ではそれぞれの作品にあわせた地名や敵が使われている。

また小ネタがあちこちに仕込まれており、スタッフのこだわりが随所に見られるのも特徴である。
引用元:ヒーロー戦記とは (ヒーローセンキとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E6%88%A6%E8%A8%98

『サンライズ英雄譚』(サンライズえいゆうたん)は、サンライズインタラクティブより発売されたゲームソフトのシリーズ。サンライズのロボットアニメーション作品を中心とする、キャラクターが多数登場するクロスオーバー作品である。
本シリーズは、『SUNRISE WORLD WAR』までは『機甲世紀Gブレイカー』のキャラクターや世界を中心に物語が進行する設定になっており、『英雄譚3』ではオリジナルキャラクター中心に物語が進行する。
引用元:サンライズ英雄譚 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA%E8%8B%B1%E9%9B%84%E8%AD%9A

『新世紀勇者大戦』(しんせいきゆうしゃたいせん)は、2005年2月17日に発売された、PlayStation 2用シミュレーションRPG。発売はアトラス、販売はタカラ(現・タカラトミー)。
引用元:新世紀勇者大戦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E5%8B%87%E8%80%85%E5%A4%A7%E6%88%A6

『機甲武装Gブレイカー』(きこうぶそうジーブレイカー)は、サンライズインタラクティブより発売のPlayStation 2用ゲームのシリーズ。
引用元:機甲武装Gブレイカー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E7%94%B2%E6%AD%A6%E8%A3%85G%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BC