『機動警察パトレイバー』隊員と担当 フォワード「太田功」「泉野明(のあ)」バックアップ「篠原遊馬」「熊耳(くまがみ)武緒」後方支援「山崎ひろみ」

037YKITjTzGGq
次のアニメ『機動警察
パトレイバー』に登場する
特車2課の隊員を、担当ごとに
グループ分けしなさい

フォワード(操縦)バックアップ(指揮)後方支援
太田功
篠原遊馬
山崎ひろみ
熊谷武緒
進士幹泰
泉野明

『機動警察パトレイバー』(きどうけいさつパトレイバー、Mobile Police PATLABOR)は、1988年を基点とした10年後からの数年間の近未来の東京を中心とした地域を舞台とした漫画、アニメ、小説などのメディアミックス作品である。当時としては珍しいメディアミックスを展開した先駆的作品である[1]。
>特車二課第二小隊
泉 野明(いずみ のあ)
イングラム一号機の操縦担当。イングラムへの愛着は強い。
篠原 遊馬(しのはら あすま)
一号機の指揮担当。レイバー製造企業「篠原重工」の御曹司。
後藤 喜一(ごとう きいち)
第二小隊隊長の飄々とした男。
太田 功(おおた いさお)
二号機の操縦担当。射撃の腕前はよいが、暴走しがち。
進士 幹泰(しんし みきやす)
二号機の指揮担当→後方支援担当。気が弱く、太田の暴走に振り回される。
山崎 ひろみ(やまざき ひろみ)
後方支援担当。身長2メートルを超す巨漢だが、性格は控えめで涙もろい。
香貫花・クランシー(かぬか クランシー)
アニメ版における、進士に代わる二号機指揮担当。レイバーの操縦技術も高い。
熊耳 武緒(くまがみ たけお)
漫画版における、進士に代わる二号機指揮担当(アニメ版では香貫花の後任として二号機を指揮)。第二小隊のまとめ役。
引用元: 機動警察パトレイバー – Wikipedia.