「UMA」ジャック・シンドー


『ウルトラマングレート』で
ウルトラマングレートに変身する
ジャック・シンドーが
所属する組織はUFOである
×(答)
◯UMA
67%

『ウルトラマンG』(ウルトラマングレート、英題:Ultraman: Towards the Future )は、円谷プロダクションが、オーストラリアで製作した特撮作品。全13話。日本ではオリジナルビデオとして展開された[1]。

『アンドロメロス』を除けば実写のウルトラマンは『ウルトラマン80』以来10年ぶりで、元号が平成に変わってから最初に製作されたウルトラ作品である。京本政樹が日本語版主演、命名、番組のPRなど深く関わっている。

>UMAメンバー[編集]
ジャック・シンドー
26歳の日系人[17]。元オーストラリア宇宙開発公団の惑星調査員。
火星探査中にゴーデスに遭遇し、そこに現れたウルトラマングレートとの壮絶な戦いを目の当たりにする。その巻き添えで身動きが取れなくなり、友人だったスタンレー・ハガードを脱出させようと宇宙船に向かわせるが、ゴーデスに彼もろとも破壊される。その後、ゴーデスを撃退したグレートに助けられて同化して地球に帰還すると、彼の反対もあって単独で行動していたが、ギガザウルスとの戦いの後には彼の反対を押し切り、UMAに入隊する。
怪獣対策においては、人命のためならば怪獣の排除もやむなしと判断する他の隊員に対し、科学者の立場から安易に倒すことを嫌う。割と筋肉質で、行動も伴うアクティブな科学者。
引用元:ウルトラマンG – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3G