「石川真」ヒカリ、シン「高槻純」ネオス、タイガ「高野八誠」アグル、ライア


次の特撮ヒーローを
変身前を演じた俳優が
同じもの同士組み合わせなさい
ウルトラマンヒカリ───仮面ライダーシン 石川真
ウルトラマンネオス───仮面ライダータイガ 高槻純
ウルトラマンアグル───仮面ライダーライア 高野八誠

1992年、オリジナルビデオ『真・仮面ライダー 序章』で主人公・風祭真 / 仮面ライダーシンを演じた。
その後、芸名を現在の石川 真に改める。なお、改名の理由には、「功久(かつひさ)という読みが難しい」ことと、前述の『真・仮面ライダー』で風祭真を演じた名残[2]もあるという[3]。また、劇中で風祭真が仮面ライダーシンに変身する際に特殊メイクの都合上、変身シーンの撮影で二時間も動くことができず苦労したと明かしている。[4]
1998年には『ウルトラマンガイア』に塚守亨隊員(チームファルコンのメンバー)役で出演。2006年には『ウルトラマンメビウス』で再び「ウルトラシリーズ」の作品に出演し、セリザワカズヤ / ウルトラマンヒカリ(ハンターナイトツルギ)役を務めた(ただし、ウルトラマンヒカリ(ハンターナイトツルギ)の声は石川本人ではなく、声優の難波圭一が務めている)。
引用元:石川真 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%9C%9F

高槻 純(たかつき じゅん、1973年7月27日 – )は、日本の俳優である。本名、西沢 清一郎(にしざわ せいいちろう)。東京都出身。REPに所属。ディメンションに所属していた。

2000年、オリジナルVシネマ『ウルトラマンネオス』のウルトラマンネオス/カグラ・ゲンキ役を演じ、注目を浴びる。
2002年、『仮面ライダー龍騎』の仮面ライダータイガ/東條悟役でブレイクした。これで高野八誠に続く、ウルトラマンと仮面ライダーを演じた3人目の俳優となる。
引用元:高槻純 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A7%BB%E7%B4%94

1989年、子役でテレビドラマ『七色村』に主演デビュー。1998年に『ウルトラマンガイア』の藤宮博也 / ウルトラマンアグル役を演じる。当初はガイア役のオーデションを受けていた事が縁で声をかけられた(週刊ウルトラマンデータファイルより)。
2002年、『仮面ライダー龍騎』に手塚海之 / 仮面ライダーライア役で出演。2005年には映画『仮面ライダー THE FIRST』に一文字隼人 / 仮面ライダー2号役で出演。ウルトラマンと仮面ライダーを両方演じ、別個の仮面ライダーを二人演じた俳優となった。
引用元:高野八誠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%85%AB%E8%AA%A0