明治時代『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』


2015年に発売された
3DS用ゲーム『大逆転裁判
-成歩堂龍ノ介の冒險-』の
舞台は大正時代である
×(答)
◯明治
49%

『逆転裁判』(ぎゃくてんさいばん)は、カプコンの法廷バトルアドベンチャーゲーム及びシリーズ名。また、同作品に関連した漫画、映画、小説、舞台なども指す。通称『逆裁』[1]。スピンオフ作品『逆転検事』シリーズについては当該項目を参照。テレビアニメ版については『逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』を参照

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-[編集]
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
ジャンル 大法廷バトル
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 カプコン
メディア 3DSカード
発売日 2015年7月9日
対象年齢 CERO:B(12才以上対象)
売上本数 191,237本[28]
成歩堂龍一の先祖・成歩堂龍ノ介を主人公として、法の黎明期である19世紀末(明治時代)の法廷を描く作品。2014年2月14日に公開された『Nintendo Direct』において『逆転裁判 新プロジェクト』として発表[29]。同年4月23日にタイトルが発表された[30]。
裁判制度の最先端であった倫敦(ロンドン)が主要舞台であり、アーサー・コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズシリーズ』の登場人物が、本作の世界では実在の人物として複数登場する。ロンドンの大法廷では陪審員制を用いた、有罪か無罪を判別する陪審員との駆け引きも行われる。またペナルティがゲージ制から『蘇る』同様回数制に戻っている。他にも複数の証人を尋問したり問い詰めるなど、一部『レイトン教授VS逆転裁判』のシステムを継承している。『逆転裁判』シリーズでは珍しく『検事』シリーズ同様法廷パートが無く探偵パートのみの物語が存在する。
引用元:逆転裁判 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E8%BB%A2%E8%A3%81%E5%88%A4