本郷みつる、原恵一、ムトウユージ


次のうち、TVアニメ
『クレヨンしんちゃん』の
監督とつとめた人物を
全て選びなさい
原恵一(答)
湯山邦彦
ムトウユージ(答)
本郷みつる(答)


アニメ『クレヨンしんちゃん』で
しんのすけの家の近所に
住んでいる漫画家は?
うしよとすい
よしいうすと(答)


『レーサー?』 『アローエンブレム グランプリの鷹』
『北埼玉?』 『クレヨンしんちゃん』
『アステロイド?』 『銀河烈風バクシンガー』
『THE REAL FOLK ?』 『カウボーイビバップ』
バラード
ロック
ブルース(答)
マーチ

『クレヨンしんちゃん』は、臼井儀人(らくだ社)の同名の漫画作品を原作とし、1992年4月13日からテレビ朝日で放送されているテレビアニメ・長寿番組である。開始当初、テレビ欄では『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん』と表記されていた。

>監督 – 本郷みつる(第1話 – SPECIAL 13)→原恵一(第203話 – 第504話)→ムトウユージ(第505話 – )
引用元:クレヨンしんちゃん (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

本郷 みつる(ほんごう みつる、1959年10月12日 – )は、東京都出身、新潟育ちのアニメーション演出者。本名の本郷満をはじめ、ほんごうみつる、郷 満、潮乱太、渋谷ポチ、猫賀大介名義での活動もある。
代表作に『クレヨンしんちゃん』『チンプイ』など。

1992年2月に亜細亜堂出身の西村博之とじゃんぐるじむ出身の高倉佳彦の2人のアニメーターとともに、フリー集団、めがてんスタジオを結成し、引き続きシンエイ動画で『クレヨンしんちゃん』を監督して大ヒットさせた。1996年9月に『クレヨンしんちゃん』から降板した後はProduction I.G、オー・エル・エム、東映アニメーションを拠点とし、『シャーマニックプリンセス』、『星方武侠アウトロースター』、『キョロちゃん』、『カスミン』、『IGPX』など幅広いジャンルの作品に携わる。
「アクション仮面の唄」「キョロちゃんえかきうた」などの作詞も手掛ける。
1996年の降板以降、『クレヨンしんちゃん』には関与していなかったが、2008年4月19日公開の映画『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』で、約12年ぶりに同作に携わることになった。
引用元:本郷みつる – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E9%83%B7%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%82%8B

原 恵一(はら けいいち、1959年7月24日 – )は、フリーランスの日本のアニメーション監督。群馬県館林市出身。自らが作品を起し、絵コンテや脚本を手がけることが多い。

クレヨンしんちゃん[編集]
1992年には『クレヨンしんちゃん』が開始。スタッフは『21エモン』までの人材がほぼスライドする形であったので、原もテレビ版・劇場版の両方で絵コンテや演出などを担当した。当初はシンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなく、上層部からも「26回持たせてくれ」という状態であったが、段々と視聴率が上がり、社会現象にまで至るブームとなる。原は「最初はやる気が起きなかったが、視聴率が上がるとこの仕事が面白くなって来た」と語っている。1996年10月、本郷みつるから監督をバトンタッチされ、劇場版も1997年の『暗黒タマタマ大追跡』から監督を務める。2001年の『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』は各方面で話題となり、その知名度を高め、さらに、翌年2002年の『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』では、またもや各方面で絶賛され、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で大賞を受賞。テレビアニメの映画版としては史上初かつ2012年現在唯一の受賞であり、特に日本PTA全国協議会の子供に見せたくない番組ランキング常連でもある『クレヨンしんちゃん』で、文化庁から評価を受けたことは話題となった。
2003年に劇場版の監督を水島努と交代してからは徐々に関わりを薄くし、2005年『伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』(ムトウユージ監督)では絵コンテに多少関わっている程度となった。降板の理由について「自分が劇場版に関わって10作目と区切りもいいし、ネタも何とか絞り出して出来たのが『オトナ帝国』と『戦国大合戦』の2作。これ以上続けても同じことの繰り返しにしかならない」と語っている。テレビアニメの方も2004年7月には完全に監督をムトウユージに引き継がせて降板。
引用元:原恵一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%81%B5%E4%B8%80

ムトウ ユージ(1962年3月27日 – )は、日本のアニメーション監督、演出家。埼玉県出身。フリー。過去には本名の武藤 裕治(むとう ゆうじ)やむとうゆーじ名義での活動もあった。

テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』は1998年から演出を担当していたが、2004年2月オープニングアニメの絵コンテを引き受けたことがきっかけで監督を務めることになり、同作の歴代監督の中では期間が最も長い(2014年で就任から10年を迎えた)。同年4月頃原恵一の監督辞任に伴い監督に就任(実質的な交代は7月)。オープニングテーマ『ユルユルでDE-O!』の作詞も担当。2005年 – 2007年まで同作の劇場版の監督を務めた。 また、クレヨンしんちゃんの監督歴は歴代の中で最年長である。
引用元:ムトウユージ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B8