『内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』


超法規的権限で政界の犯罪を取り
締まる主人公を描いた、北芝健と
渡辺保裕の漫画は『◯◯◯◯◯◯
◯◯取締官 財前丈太郎』?
内閣制力犯強権罪
内閣権力強制犯罪(答)
『内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』
35%

『内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』(ないかくけんりょくはんざいきょうせいとりしまりかん ざいぜんじょうたろう、英名 – Government Crime Investigation Agent Zaizen Jotaro)は、原作:北芝健、漫画:渡辺保裕による日本の漫画作品、及びこれを原作とするテレビアニメ作品。

>超法規的権限を与えられた主人公が、ありとあらゆる手段で政界の汚職・犯罪を取り締まっていくという内容のサスペンスストーリーである。『週刊コミックバンチ』(新潮社)にて、2003年第95号(2003年5月30日号)より2007年第270号(2007年1月22日・1月26日合併号)まで連載された。単行本は全17巻。全166話。
ストーリー上の繋がりはないが、その内容や制作主旨が原哲夫の『公権力横領捜査官 中坊林太郎』(以下、中坊)とほぼ同一で、云わば『中坊』の続編とも呼べる漫画である(この作品が『中坊』を実質的なモチーフとしていること自体は、連載第1回の本誌の特集記事でも触れられており、原哲夫もこれを公認している旨の発言をしている)。しかし、『中坊』の方は政界とゼネコンの癒着話に的を絞っていたのに対し、『財前』はゼネコンの癒着から始まり、対・日本の闇の大物、血族(クラン)、アメリカ、中国マフィアの日本征服計画…と風呂敷を広げ過ぎてしまい、最終的にはほぼ投げっ放しという形で終了(第一部完)した。

>財前 丈太郎(ざいぜん じょうたろう)
本作の主人公。内閣権力犯罪強制取締局に属する捜査官の一人で、政界の巨悪を取り締まることに全てを賭けている。
警視庁勤務時に殉職したことにされ、藤堂が内取を創設するまでの間、英国に渡英する。渡英中に入隊したSASで数々の武勲を上げた。あるミッションでイギリスの石油王の子息の救出に成功したことへの感謝の証として、ザイナース社の「ゴールドブラックカード」を所持するに至った。カードの支払いはパトロンであるその石油王が全て負担している。また、戦闘力も常人離れしており、今津や本郷を相手に互角の格闘戦を展開する。今津の原爆テロ事件以降は古巣の警視庁に出向し、安西の不正献金事件を捜査、次いで久留間大使の救出作戦に従事する中で中国の「亜州征圧計画」の存在を知り、中国マフィアと死闘を繰り広げ計画を阻止する。その過程で首謀者の王に毒を盛られ生死を彷徨うが、伊達や射馬給令といった、かつての仇敵たちからの救援により九死に一生を得、そのまま和泉総理の逮捕に向かう。
決め台詞は「だっぼん!(Da Bomb!)」。これは英語のスラングから来ている言葉(”Yeah!”程度の意味)。
引用元:内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%96%A3%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%96%E7%B7%A0%E5%AE%98_%E8%B2%A1%E5%89%8D%E4%B8%88%E5%A4%AA%E9%83%8E