小山高生『タイムボカン』あかほりさとるの師匠 ぶらざあのっぽ主宰


アニメ脚本家
あかほりさとるの師匠
『タイムボカン』シリーズ
『ドラゴンボールZ』
小山高生(答)こやまたかお
吉川惣司
星山博之
浦沢義雄
48%


アニメ脚本家
夫はアニメ監督の福田己津央
『GEAR戦士電童』
『機動戦士ガンダムSEED』
両澤千晶(答)もろさわちあき

連想
アニメ脚本家
『無責任艦長タイラー』
『機動新世紀ガンダムX』
小説『はっぴぃセブン』作者
川崎ヒロユキ(答)かわさきひろゆき

連想
アニメ脚本家
『魔法先生ネギま!』
『OVERMANキングゲイナ-』
『コードギアス』
大河内一楼(答)おおこうちいちろう

連想
アニメ脚本家
早稲田大学マジッククラブ出身
『聖痕のクェイサー』原作
『マクロスF』
吉野弘幸(答)よしのひろゆき

連想
アニメ脚本家
『戦国魔神ゴーショーグン』
『ミンキーモモ』
『ポケットモンスター』
首藤剛志(答)しゅどうたけし

連想
アニメ脚本家
『超速変形ジャイロゼッター』
『カウボーイ・ビバップ』
『交響詩篇エウレカセブン』
佐藤大(答)さとうだい

連想
アニメ脚本家
『凪のあすから』
『true tears』
『花咲くいろは』
岡田麿里(答)おかだまり

連想
アニメ脚本家
『花咲くいろは』
『あの花』
『鉄血のオルフェンズ』
岡田麿里(答)

連想
アニメ脚本家
『弱虫ペダル』
『ガールズ&パンツァー』
『けいおん!』
吉田玲子(答)よしだれいこ

連想
アニメ脚本家
『ローゼンメイデン』
『響け!ユーフォニアム』
『ラブライブ!』
花田十輝(答)

小山 高生(こやま たかお、1948年4月21日 – )は、東京都昭島市出身の脚本家、作家。脚本家集団ぶらざあのっぽ主宰。大阪芸術大学キャラクター造形学科教授。1987年10月より以前は本名の小山 高男名義で活動していた。自称「アジア最大の脚本家(身長が)」。

>若い才能の育成に特に熱心で、1986年7月に日本テレビ音楽学院(現:日テレ学院)の教室を借りて、アニメシナリオハウスを開講。1987年までに、荒川稔久、あかほりさとる、川崎ヒロユキ、影山由美、隅沢克之、松井亜弥などを輩出。ここで育ったライターに仕事を斡旋するため、1988年1月に脚本家集団ぶらざあのっぽを結成した。2005年4月に大阪芸術大学映像学科教授に就任している。しかし、一方で脚本家としての仕事は減り、2006年には一本も書かなかった。そのため、脚本家を廃業し、他の仕事に専念すると宣言した[2]。2014年8月にはぶらざあのっぽは同年同月末日を以って、シナリオライターの発掘、養成の役割を終え小山高生の個人事務所となり、それ以外の所属ライターは、全員フリーとなって独立することを発表した[3]。息子の小山真[4]も脚本家の道を進み、ぶらざあのっぽに所属していた。
「ぶらざあのっぽ」のネーミングや、自称である「アジア最大の脚本家」は、小山の194cmという長身に由来する。これをタイムボカンシリーズの笹川ひろし監督に売り込んで、『ヤットデタマン』に小山カメラマンという背が高くて顔が映らない大男のキャラクターで登場した。1993年のOVA『タイムボカン王道復古』では「小山です」の一言だけだが声優としても出演している。
引用元:小山高生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E9%AB%98%E7%94%9F

両澤 千晶(もろさわ ちあき、1959年3月28日 – 2016年2月19日) は、日本のアニメーション脚本家、同人作家。埼玉県さいたま市(旧浦和市)出身。血液型はO型。
アニメーション監督の福田己津央の妻、脚本家の両沢和幸の姉である。

>両澤の脚本の仕事は記録にあるものでは、夫の福田が監督した作品にほぼ限られている。 そのため、記録上で両澤がガンダムSEEDシリーズを手がける前に書いた脚本数は多くない。96年にデビューしてから2001年に至るまでに執筆が確認される脚本数は『サイバーフォーミュラ』のOVAで合計13話、『GEAR戦士電童』では4話、『星方武侠アウトロースター』で1話。他に、これらの作品のドラマCDでの脚本なども手掛けているが、それらを合わせても、実質6年間程でも30分×2クール(26話)分にも満たない。さらにテレビ作品で確認される脚本執筆数は電童とアウトロースターで総計5話のみである。また、夫の福田の仕事のほとんどがサンライズの作品であるため、参加が福田の作品にほぼ限られる両澤もサンライズ作品のみに携わっている形となっている。
引用元:両澤千晶 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E6%BE%A4%E5%8D%83%E6%99%B6

川崎 ヒロユキ(かわさき ひろゆき、本名:川崎 裕之(かわさき ひろゆき)、1965年11月17日 – )は日本の脚本家、小説家。ぶらざあのっぽ出身。川崎ヒロユキ脚本研究所主宰。主にアニメの脚本を手掛けている。

>在学中に1988年の魔神英雄伝ワタル第25話「ミニミニワタルの大冒険」で脚本家としてデビューし、以後アニメを中心に多数の作品の脚本やシリーズ構成を手がける。『機動新世紀ガンダムX』では全話の脚本を一人で執筆した。またアニメ作品のノベライズも手がけ、初のオリジナル作品『はっぴぃセブン』シリーズはドラマCDやアニメ、漫画化もされた。デビュー当初から、サンライズ制作の作品や、タカラトミーがスポンサードする作品に参加する機会が比較的多い。
引用元:川崎ヒロユキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E3%83%92%E3%83%AD%E3%83%A6%E3%82%AD

大河内 一楼(おおこうち いちろう、1968年3月28日[1] – )は、宮城県仙台市出身の脚本家、小説家。早稲田大学人間科学部卒業。

>3年間の編集アルバイトを経てフリーライターとなり、ゲームの攻略本のライター等を経験後、『少女革命ウテナ』の小説を執筆し小説家としてデビュー。 その後、サンライズから『∀ガンダム』の脚本を執筆してみないかと誘われ、アニメの脚本、シリーズ構成等を手がけるようになった[4]。 代表作は『∀ガンダム』『OVERMANキングゲイナー』『プラネテス』『コードギアス 反逆のルルーシュ』など。
『コードギアス 反逆のルルーシュ』で副シリーズ構成を努めた吉野弘幸は学生時代の友人[4]。一番影響を受けた先達の脚本家は、星山博之であり『∀ガンダム』で星山の書いたシナリオを100回以上読んでアニメのシナリオの書き方を学んだという。
引用元:大河内一楼 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E5%86%85%E4%B8%80%E6%A5%BC

吉野弘幸とは、日本のアニメ脚本家である。

概要
1970年6月2日生まれ。千葉県出身。

早稲田大学第一文学部卒業後、高校の世界史教師、アニメ雑誌のライターを経て、アニメ脚本家となる。

2004年の『舞-HiME』で初めてテレビアニメのシリーズ構成を務める。 
引用元:吉野弘幸とは (ヨシノヒロユキとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%90%89%E9%87%8E%E5%BC%98%E5%B9%B8

首藤 剛志[1](しゅどう たけし、1949年8月18日 – 2010年10月29日)は、日本の脚本家、小説家。福岡県出身。主にアニメ関係の仕事を中心にしていた。日本脚本家連盟会員。
父は福岡県副知事、自治事務次官、地方財務協会会長などを務めた首藤堯(しゅどう たかし)。

>代表作にアニメ『宇宙戦士バルディオス』、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』シリーズ、『ポケットモンスター』などがある。洒脱な台詞に定評があり、シリーズ構成を担当した作品における次回予告がユニークなことでも知られている。『ポケットモンスター』では、ロケット団の口上「なんだかんだと聞かれたら〜」という名フレーズを生み出した。脚本家としてのほか、舞台ミュージカル作家や小説家としても活動していた。
引用元:首藤剛志 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E8%97%A4%E5%89%9B%E5%BF%97

佐藤 大(さとう だい、男性、1969年 – )は、日本の脚本家、音楽家。

>また、元電気グルーヴの砂原良徳とステレオタイプなるテクノユニットを結成し、自らも音楽活動も展開。方法論としてテクノを中心に据えているが、それだけにとらわれない様々なジャンルのクリエイターとのコラボレーションを目的としており、小林亜星、影山ヒロノブとの共演や、のちに『ポケットモンスター』を生み出すゲームクリエイター田尻智が開発したテレビゲームソフト『パルスマン』、アニメ『ドラゴンボールZ』への楽曲提供などを行う。
引用元:佐藤大 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%A4%A7

岡田 麿里(おかだ まり、女性、1976年[1] – )は、日本の脚本家。アミューズメントメディア総合学院卒業。日本脚本家連盟会員。埼玉県秩父市出身[2]。

主な作品
映画
『まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん』
『心が叫びたがってるんだ。』
アニメ
『とらドラ!』
『true tears』
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
引用元:岡田麿里 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E9%BA%BF%E9%87%8C

吉田 玲子(よしだ れいこ、1967年12月31日 – )は、広島県出身の女性脚本家。日本脚本家連盟会員。ぶらざあのっぽ出身。法政大学文学部卒業。

>主な作品
映画
『デジモンアドベンチャー』
『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』
『猫の恩返し』
『たまこラブストーリー』
『映画 聲の形』
アニメ
『おジャ魔女どれみ』シリーズ
『おじゃる丸』
『カスミン』
『カレイドスター』
『けいおん!!』シリーズ
『ガールズ&パンツァー』
ほか多数
引用元:吉田玲子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E7%8E%B2%E5%AD%90

花田 十輝(はなだ じゅっき、本名同じ、男性、1969年 – )は、日本のアニメ脚本家、ライトノベル作家。
祖父は作家・文芸評論家の花田清輝。小山高生主宰の脚本家集団・ぶらざあのっぽ(アニメシナリオハウス)出身。
現在は株式会社「SATZ」所属。

主な作品
アニメ
シリーズ構成
ローゼンメイデン
アイドルマスターXENOGLOSSIA
H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-
STEINS;GATE
海月姫、レベルE
ラブライブ!
中二病でも恋がしたい!
艦隊これくしょん -艦これ- 
脚本
けいおん!、けいおん!!、Fate/stay night
君と僕。、夏目友人帳 参、夏目友人帳 肆
D.C. 〜ダ・カーポ〜
引用元:花田十輝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%94%B0%E5%8D%81%E8%BC%9D