怪盗グルー『月泥棒』『危機一髪』『大脱走』


次のイルミネーション・
エンターテイメントの
アニメ映画を
公開順に選びなさい
『怪盗グルーの月泥棒』
『怪盗グルーのミニオン危機一発』
『怪盗グルーの大脱走』
21%

『怪盗グルーの月泥棒』(かいとうグルーのつきどろぼう、原題: Despicable Me)は、2010年のイルミネーション・エンターテインメント製作の3Dアニメ映画。ユニバーサル・ピクチャーズ配給映画初の3Dアニメ作品となる。
日本で放映されたこの映画のTVCMは『イナズマイレブン』とコラボレーションしていた。

>郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをすることが大好きな卑劣漢。世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月だった。
引用元:怪盗グルーの月泥棒 3D – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA%E7%9B%97%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%9C%88%E6%B3%A5%E6%A3%92_3D

『怪盗グルーのミニオン危機一発』(Despicable Me 2)は、2013年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・コメディ映画、2010年の『怪盗グルーの月泥棒 3D』の続編である。前作に引き続いてイルミネーション・エンターテインメントが製作、ユニバーサル・ピクチャーズが配給、ピアー・コフィン(英語版)とクリス・ルノー(英語版)が監督、シンコ・ポールとケン・ダウリオが脚本を執筆した。スティーヴ・カレル、ラッセル・ブランド、ミランダ・コスグローヴが前作と同じ役の声優を務め、また、ミス・ハッティー役であったクリステン・ウィグは新キャラクターのルーシー・ワイルド役となる。他に新キャストとしてベンジャミン・ブラット、スティーヴ・クーガンが参加する。2013年7月3日より公開された[1]。
引用元:怪盗グルーのミニオン危機一発 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA%E7%9B%97%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E4%B8%80%E7%99%BA

[映画.com ニュース] 人気アニメ「怪盗グルー」シリーズ最新作の邦題が「怪盗グルーのミニオン大脱走」に決まり、7月21日から公開されることが決定した。

「怪盗グルーの月泥棒 3D」「怪盗グルーのミニオン危機一発」に続くシリーズ第3作で、同シリーズやスピンオフの「ミニオンズ」、さらには「ペット」「SING シング」など、ヒット作を次々と生み出しているユニバーサル/イルミネーション・スタジオの長編アニメーション最新作。「怪盗グルー」シリーズは、いまや日本でもおなじみとなった、グルーの相棒の黄色いミニオンたちを筆頭に、愛くるしいキャラクターたちが縦横無尽に活躍。シリーズ第1作は興行収入12億円を記録し、第2作は25億円、そしてミニオンたちを主役に描いたスピンオフ「ミニオンズ」は52.1億円と、新作のたびに記録を伸ばす大ヒットを続けている。
引用元:「怪盗グルー」最新作、邦題は「ミニオン大脱走」に 7月21日公開決定 : 映画ニュース – 映画.com http://eiga.com/news/20170303/8/